ニューキャッスル特集3:朝食@海の家

 ニューキャッスル特集取材2日目の朝は、1泊目の宿泊先、ケンさんとチエコさん夫妻が営むポート・スティーヴンスの「海の家 ツイン・ウォーターズ」で目覚め(※前回の記事「宿泊@海の家」はこちら!)、宿泊料金に含まれているとは思えないほど豪華な、日本の高級旅館並みの和朝食から取材スタート♪

ご覧の通りの豪華さ!
uminoie_breakfast1411-1

 サーヴィス精神旺盛なケンさんが宿泊客を喜ばせたいと、ケンさんが26年持ち続けている糠床で漬けた漬け物佃煮などに至るまですべて手作りで、当然のようにMSGは一切使用せず

記者が大好きなケンさん作のふわふわ京風ダシ巻き玉子に塩ジャケ、小松菜のゴマ和え、ご飯に、豆腐のなめこの赤出し味噌汁
uminoie_breakfast1411-2

 ご飯も日本の名水並みに澄んだ地元の真水を使って炊かれ、ふっくらツヤツヤで、味噌汁のダシもバッチリです。ご飯はもちろんお代わり自由で、炭水化物の摂りすぎを気にして普段はご飯をお代わりしない主義の記者も、海の家だけは例外(笑)、しっかり「普通盛り」でお代わりしちゃいました♪

やさしい味わいのおから
uminoie_breakfast1411-3

 佃煮だけでも金針菜ちりめんザンショウシイタケと3種類、それにケンさんが丁寧に煮含めた金時豆が出されまました。ホウレンソウの20倍の鉄分含有量があるという金針菜の佃煮は、柚子ゴショウがいい感じに効いていて、その柚子ゴショウは毎年日本から送られる、さるおばあちゃんの手作りだそうで、柚子自体もそのおばあちゃんが育てたものだとか!ケンさんから正式な懐石料理でのご飯のよそい方、自家栽培の野菜の話を聞いたりしながらの美味しく楽しい朝食のひととき♪

26年物の糠床で漬けられる漬け物も、これだけでご飯がいくらでもお代わりできる美味しさ!
uminoie_breakfast1411-4

Twin Waters

●29 Bagnall Ave., Soldiers Point ☎ (02)4984-7903 *宿泊料金(朝食込み/現金のみ受付):2人以上最高6人までで、最初の2人は1泊1人$115、3人目からは追加で1人$88となり(4~6歳の子供は1人$48)、大人6人で滞在すると1人当たり$97 *ディナー:1人$49.50(お酒はBYO) www.uminoie.com.au