本誌記者の体験リポート♪「プチ整形」並みの劇的効果に感激!

 数号前のジャパラリア7月号「輝く女性たち」(※記事全文はこちら!)に登場のスキン・セラピストで「ナオコ・ビューティ・コンシェルジュ」主宰の松原直子さんより体験取材をオファーされ、目尻のシワとほうれい線が気になっていた記者、大喜び。シティからバスで15分のドラモインにあるサロンの一室で3回にわたって受けさせてもらったトリートメントの経過と結果をリポート♪

naoko20年以上の経験を持つ直子さんだから安心して施術を任せられる

 

 記者が受けさせてもらったのは「プラズマ・リフト(ファイブロブラスト)」という世界でもまだ新しい技術で、日本ではごく少数の医師のみが施術、オーストラリアでも日本人では直子さんだけが有資格者だ。プラズマ・リフトは電気式ペンの先から極小の稲妻状のプラズマを発生させて皮膚表面に軽い熱損傷を与えることによって自然治癒力を利用し、ニードリングでは取れない深いシワやたるみを“プチ整形”並みに一気に劇的に改善する施術だ。針ではなく、また、ペン先も直には肌に触れない。

 もともとこの技術はヨーロッパで欧米人の肌に合わせて開発されたもので、デリケートかつメラニン色素が多い日本人の肌の場合、いきなりプラズマ・リフトを受けると逆にシミや傷になりやすいとのことで、まずは今年7月、そして1カ月後の8月に直子さんが独自にアレンジした美肌トリートメントを2回受けプラズマ・リフトに備えてのベイス作りとなった(肌質によっては3回)。ベイス作りとはいえ、初回からツヤ感アップ、毛穴の収縮、ニキビ跡、リフトアップ、小ジワ現象の効果を感じられ、2回目ではその効果がさらに歴然とアップしたのが目に見えて明らか! ダウンタイムはほとんどなく、施術当日と翌日、ちょっと日焼けしたような赤ら顔になる程度。

初回の美肌トリートメントだけで顔(※記者本人!)の肌のハリと透明感がこんなにアップ
Naoko_blog480

 2回目の美肌トリートメントを受けてからさらに1カ月後の9月、いよいよ本番のプラズマ・リフト施術と相成った。電気式ペンで直子さんが一点一点ちょっとずつ熱照射を与えていく。痛みはさほどなく、周囲に誰もまだ受けた人がいない施術に不安がないといえば嘘になるかもしれないが、シドニーの5スター・ホテルのスパを含み20年以上の経験を持つ直子さんを全面的に信頼して任せた。

ba2プラズマ・リフトのBefore / After

 

 術後は、熱照射を与えた部分が赤い点々状態となり、鏡を見るとちょっと驚きの顔だが、ほうれい線の部分以外はサングラスをかけていれば外に出歩いてもさほど人目が気にならない。赤い点々は翌日以降かさぶたとなり、このダウンタイムが記者の場合5日続いたが、3日目からシャワーのたびにかさぶたが少しずつ自然に取れて6日目には完全になくなった。そうしたら、それまで唇の両端よりグイッと下まで大幅に食い込んでいたほうれい線が、唇の両端より上に上がっていた! 目尻のシワも驚くほど薄くなり、目元もパッチリ、さらにはそれまで顔全体がくすんでいたのが透明感大幅アップ♪ 会う人会う人に褒められ、これらすべて事実なので、自信を持って大勢の人におすすめしたい。通常2倍以上の金額になるという首とデコルテの美肌トリートメント込みのお得な料金等についてはぜひ直子さんに問い合わせを!

ba3プラズマ・リフトのほか、パーティ・シーズン到来の11月と12月限定スペシャルとして炭酸マスク、ピーリング、LEDイオン導入、リンパティック・ドレナージュがセットになったダウンタイムなしの「細胞活性フェイシャル」(左に掲載の写真/90分$240→$149)もおすすめ

Naoko Beauty Concierge

●ドラモインにあるサロンの個室で施術(完全予約制) ☎ 0413-855-758 instagram.com/naokobeautyconcierge

Kagajo'12-05