あなたから見たシドニーをストーリーに! 第1回「フル・オブ・ブックス文学賞」作品募集中

 ジャパラリアに楽しい書籍紹介コラムも連載中のシティの日本書籍売買店ほんだらけ フル・オブ・ブックスがこのたび「フル・オブ・ブックス文学賞」を設立、第1回目となる同賞の作品を募集中だ。

hondarake_blog

 第1回フル・オブ・ブックス文学賞の募集作品のテーマはズバリ「シドニー」。シドニーをテーマにしたオリジナル・未発表の短編小説・随筆作品が対象となり、文字数は400字詰め原稿用紙2〜4枚(800〜1,600字)程度で、日本語または英語どちらでの応募も可能。応募はE-mail: hondarake@gmail.comにて受付(※件名に「文学賞応募」と明記のこと)。

 審査員にはほんだらけ創業者の樋口道也さんを筆頭に、藤井佳之さん(なタ書店主)、中西仁美さん(キャンベラ大学准教授)、そしてとみんごさんことライト知子さん(ほんだらけ フル・オブ・ブックス店主)が名を連ね、大賞受賞者にはほんだらけ図書券($100相当)、ほんだらけFOBラウンジ月間フリーパス($858相当)などの副賞が贈られる(ほかにも豪華商品追加予定!)。第1回同賞の応募締切は2月29日、発表は2020年4月中旬で、入選者の作品は小冊子にての発行が予定されている。我こそはという人は、ぜひ奮って応募を!