ニューキャッスル特集7:ディナー@ラスティカ

 取材旅行2日目、2軒目のランチ取材(※前回のブログ記事はこちら!)を終えて向かった先は、ディナー取材の地中海/多国籍料理レストラン、ラスティカです。

rustica_ex1411.jpg

 店名はイタリア語で「田舎風」という意味で、北アフリカのスパイスを使用した地中海料理が楽しめるレストラン。店内奥の席からはニューキャッスル・ビーチを望めます。

rustica_in1411.jpg

 17世紀スペイン産の鉄格子を使った入り口のドアや、実に500個のランタン照明が天井から下がる内装はまさしく圧巻です。ほかにも小さなネズミの置物がさりげなく床に置かれていたりと遊び心もふんだんで、地元の彫刻家によるバーのタイル・アート、フレスコ画など、時空と国籍を超えた魅力に溢れています。雄牛の頭の彫刻は、イタリアのシシリア地方パレルアで肉屋の玄関口に飾られていたものだそう。

rustica_in1411-3.jpg

rustica_in1411-4.jpg

記者は白ワインをいただきましたが、特集担当記者は
地元ポート・スティーヴンスの醸造ビール、
マレーズ・アングリー・マン($9)を
rustica_beer1411.jpg

 店の雰囲気に押されることなく料理の味もバッチリ。シェア・プレイトが充実していて、彩りも豊かにナスとトマトのハーブ・サラダやポテト・キッビ(レバノン料理のコロッケ)など数種類の料理と自家製フラット・ブレッドが盛り付けられているモロッカン($22)はアントレのおすすめ。

ザ・モロッカン($22)
rustica1411-3.jpg

 ホタテの炙りと鶏肉とタラゴンのブータン腸詰め)($22)は、特にホタテの絶妙の炙り加減が素晴らしく、口の中でとろけるような美味しさがたまりません。

ホタテの炙りと鶏肉とタラゴンのブータン(腸詰め)($22)
rustica1411-1.jpg

 リコッタやバジルなどが詰められたズッキーニフラワーのフリッター($18)は、揚げ物なのにさっぱりといただけるヴェジタリアン・メニューです。

ズッキーニ・フラワーのフリッター($18)
rustica1411-4.jpg

rustica1411-2.jpg

仔羊のクレフティコ($59 )とフラッシュ・ラリー・チップス($9)

 

 とまあ、前菜はかなり上品で繊細な味を楽しませてくれましたが、お待ちかねのメインは打って変わってダイナミック! 仔羊のクレフティコ($59)は、軟らかい骨付きの仔羊肉をオリーヴ・オイルとレモン汁でマリネしゆっくりとグリルで蒸し焼きにした一品で、自家製グレイヴィー・ソースをかけていただきます。山盛りのロースト・ポテトにグリーン・ピースも添えられ、3人でシェアしてもかなり食べ応えがあります。

 写真の奥に見えるのは贅沢にトリュフの香り漂うフラッシュラリーチップス($9)です。

 デザートも甘さ控えめで日本人のテイストに合います。

チョコレート・フォンダン($14)
rustica1411-6.jpg

 

ティラミス($14)
rustica1411-5.jpg

 前述の通りニューキャッスル・ビーチを望む絶好の立地ですので、ランチで来ても楽しめるでしょうし、夜も雰囲気抜群のレストランです。

Rustica

●2/1 King St., Newcastle ☎ (02)4929-3333 ■ランチ木~土12am-3pm、ディナー火~土6pm-10pm ◇酒類ライセンスあり www.rustica.com.au

【ニューキャッスル特集ブログ記事取材順リスト】
1日目 
①ディナー:海の家 
    
②宿泊:海の家
2日目 
③朝食:海の家
    
④アクティヴィティ:ハンター・ウェットランズ・センター
    
⑤ランチ:スプーン・ビル・カフェ
    
⑥ランチ:ワン・ペニー・ブラック
    
⑦ディナー:ラスティカ
    
⑧宿泊:ブールヴァード・オン・ボーモント
3日目 
⑨アクティヴィティ:ノヴァ・クルーズ
    
⑩ランチ:なぎさ
    
⑪ショッピング:ブラックバード・コーナー
    
⑫ディナー:スボー
    
⑬アクティヴィティ:ニューキャッスル・ゴースト・ツアーズ
    
⑭地ビール:ザ・グレイン・ストア
    
⑮宿泊:ジ・エグゼクティヴ・イン
4日目 
⑯アクティヴィティ:スクラッチリー要塞
    
⑰ランチ:ウィッカム・モーターサイクル・カフェ
    
⑱最終回取材を終えて

↓ 画像クリックで「AFCアジアカップ・オーストラリア2015」
観戦チケット販売の詳細へジャンプ!
asiancup1411.jpg

rustica1411-0.jpg