2021年8月号(休刊)

【「月刊ジャパラリア」2021年8月号休刊のご挨拶

 昨年、ロックダウンにより新型コロナウイルス感染拡大の封じ込めに成功したニュー・サウス・ウェールズ(NSW)州ではその後、何カ月も感染者数ゼロの状態が続いていましたが、今年4月に新たな感染者が出て以来、その数が増え続け、NSW州全土ではないもののシドニー大都市圏及びその周辺地域は6月26日より2度目のロックダウンに踏み切り、レストランやカフェ、フード・コート、パブなどでのドリンクを含むイートインを全面的に禁止しており、飲食店はテイクアウェイ(持ち帰り)または宅配のみ営業が許可されています。

「月刊ジャパラリア」は無料月刊誌で本来なら毎月第4水曜日の発行と同時にシドニーのさまざまな日本人経営店などで入手できるようになっていますが、配布先の大部分を占めるのが日本食レストランであること、また、昨年のロックダウン時より規制が厳格化され、こちらは昨年同様、不要不急の外出も禁止された中、シドニー在住の日本人の皆さんが気軽にジャパラリアを入手できない状況となってしまいました。この事実を踏まえ、残念ながら「月刊ジャパラリア」2021年8月号は休刊させていただくことを決定いたしました。

 その間もジャパラリア公式Facebook(facebook.com/japaralia)、インスタグラム(instagram.com/japaralia)、ツイッター(twitter.com/japaralia)では随時情報を発信していきますので、よろしければぜひジャパラリアのSNSツールでお付き合いください。

 なお、2021年7月号にて実施したジャパラリア創刊18周年記念読者プレゼント当選者の発表はロックダウン解除後の復刊号にて掲載しますのでご了承ください(※休刊に伴い応募締切日を延長、7月号を手に取っていない方もこちらから応募可能!)。

 コロナ騒動の一日も早い収束と、ジャパラリア読者の皆様にまたすぐ誌面でお目にかかれる日が訪れることを心から祈りつつ、休刊のご挨拶に代えさせていただきます。読者の皆様もくれぐれもご自愛ください。

ジャパラリア編集部

++++++++++++++++++++++++++

【テイクアウェイまたは宅配利用が可能な日本食日本人経営レストラン日本人関連業者情報(※8月23日にシティの「もみじ」の情報を追加!)
一部ノース・エリアも$150以上のオーダーで無料配達
 東(シティ)
モン・ブラン・ロール・ケーキほかのテイクアウェイ・メニュー新登場
 エイジュ(ピアモント)
家で熱々を楽しめる和牛すき焼きセット
 居酒屋侍(ニュートラル・ベイ)
盛り合わせテイクアウェイが大人気
 ジッカ・ダイニング(ニュートラル・ベイ)
週7日無休でお弁当の宅配
 もみじ(シティ)
福岡産明太子やタスマニア産ウニも宅配!
 マムズ・フード(シドニー全域に宅配)
$50以上のテイクアウェイ購入で日本酒ワンカップ大関を無料プレゼント!
 炉端ジョーンズ(アーターモン)
豪華プラッター2種類が新登場
 魚や(クロウズ・ネスト)
キッズ・メニューもありのアレキサンドリア店のテイクアウェイ
 スシ・ジョーンズ(アレキサンドリア)
回転寿司のレヴェルを超えた寿司プラッター
 寿司海童(チャツウッド)
各種お弁当&盛り合わせプラッターのテイクアウェイ
 スシ太郎(アーターモン)
おまかせ寿司コースと人気の鍋セット各種のテイクアウェイ/宅配利用可能
 ヱビス・バー&グリル(チャイナタウン)

++++++++++++++++++++++++++

【応募締切日延長!】
ジャパラリア創刊18周年記念読者プレゼント
豪華賞品がズラリ勢ぞろい!

150【公式配信サイトで全話無料配信!】ロックダウン中の家でのお楽しみにぜひ♪
実はオーストラリアでは珍しい時代劇の連ドラ
ワイルド・ボーイズ」Wild Boys
(2011年作/1話42〜44分・全13話/※オーストラリアがゴールド・ラッシュで賑わう1860年代、州都シドニーから遠く離れたニュー・サウス・ウェールズ州の架空の田舎町を舞台に、人間味溢れるブッシュレンジャーたちが繰り広げる痛快な娯楽アクション連続ドラマ)

ジャパラリア公式YouTubeチャンネル最新投稿!
【取材で会ったセレブ(その11)】ジェレミー・ジョーダン