「輝く女性たち」:ドライフラワー・アーティストの益留智子さん

生花ではできないアレンジが
ドライフラワーでなら可能なのも魅力

益留智子さん(40歳)
ドライフラワー・アーティスト(「アトリエ・グリーン・ネスト」主宰)
Satoko Masudome

satoko480

「日本の旅行会社で4年働き、海外ウエディングに興味を持ちワーホリで来豪しました。シドニーでウエディング・プランナーの勉強をしたものの、想像以上に苦手分野の人前に出る場面が多くて(笑)、同じ学校でウエディング・フラワーを学んだところそちらに興味がわきました。その後、ご縁がありNZのフラワー・フェスティヴァルに参加し、さまざまなアレンジの仕方を学び、いったん日本へ帰国した後はトータル・ウエディングのお花部門で働きました」

 自ら考案した手法で生花をドライフラワーにしてからアレンジするドライフラワー・アーティストの智子(さとこ)さん。作った作品を個人やマーケットで販売するほか、レイン・コーヴの自宅で少人数のワークショップを開いたり、またシティの日本食レストラン松緑の店内ディスプレイに智子さんの作品が起用され、数カ月ごとに取り替えている。シドニーで活躍する日本人フラワー・デザイナーは少なくないが、ドライフラワーに特化したという点では智子さんがパイオニア的な存在だといえる。

「生花ももちろん好きですが、時間をかけてアレンジした花が、毎日水を替えても1週間で枯れちゃうのは寂しいなと。ある時、ショップのディスプレイを任せていただける機会があり、もちろん造花は使いたくないけど長持ちさせたい。何かいい方法はないかとあれこれ探る中、色を残したままドライフラワーするというアイディアに辿り着き、フレミントンのフラワー・マーケットで生花を買い付けさまざまな方法でドライフラワーにしていきました。その一つにシリカゲル(※菓子の袋などに入っている乾燥剤)を使用する手法もありますが、形が潰れたり、腐ったり、一筋縄ではいきませんでした(笑)。今でも一つひとつ花材に合わせた方法で丁寧にドライにしています」

「点前座(Temaeza)」とコラボした花とお茶のギフト・セット($45/花:直径10cm、お茶:10g x 2種類)
1

 生花ではできないことがドライフラワーでなら可能なのも智子さんが魅力を感じた点だ。

「生花のアレンジは、すべての花の茎を必ず花瓶やオアシスで水を吸わせないといけないという制約がありますが、ドライフラワーならどの位置に花を持ってきてもいいので創作意欲を掻き立てられ、そういうところも自分に向いていると思います」

ジャパラリア専属グラフィック・デザイナー兼フォトグラファーのDo-itさんとコラボしたプリンセス・ブーケ($95、Do-itさんのプリンセス・フォト撮影をした人は$55/花:直径20cm、高さ25cm)
2

 先にシドニーで働いていた日本人の夫に続き2010年にシドニーに移住、現在8歳と5歳の息子2人にも恵まれ、公私ともに幸せな毎日だが、かつてパニック障害に悩まされたこともある。

「シドニーでは旅行会社で働き、産後職場復帰。その当時からお花の仕事も少しずつ始めとにかく忙しい日々で、比例するように子育ての悩みもひどくなり、『なんで私だけ上手くできないんだろう。私はダメなママだなぁ。もっと! もっと頑張らないと!』って追い込んでたみたいです。カウンセリングを受け、自分の時間を大切にして、音楽を聴いて、いつも鼻歌が歌えるくらいリラックスできるようになり症状はすっかり落ち着きました。今では今日の100%で子供たちに向き合ってる、私に足りない部分は旦那がやってくれる!(笑)って割り切れるようになれました」

グラス・ボトル($10/高さ12cm)
3

 6月25日には自宅ではなくシティでワークショップを開催する。

「ワークショップに来ていただく方には楽しんでほしいという気持ちが一番です。ここに挿さなきゃダメとか言いませんし(笑)、思い思いに楽しんでいただければと。ぜひお気軽にご参加ください」

 座右の銘は「Never too late」だという。

「30歳になる前によく、『30までには』とか『もうすぐ30だから』とかそんなことばかりにとらわれていましたが、友達に『歳なんて関係ないし、Never too lateだよ』って言われてハッとさせられました。初めたいと思った時が始める時だって。その時にチャンスを逃さないようにすればいいんだって」

【ワークショップ】ドライ&プリザーヴド・フラワーをミックスしたスワッグ・アレンジ(壁に掛けられる花束)
●会場:カフェ259内の会議室貸切(Café 259, 259 Clarence St., Sydney) ●日時:6月25日(金)10am-12pm ●受講費:$70 → $60(コーヒー&スウィーツ付き) ●受講申込・問い合わせは下記まで

Atelier Green Nest
※3〜4人のグループ・プライヴェイト・レッスンも可能
E-mail: ateliergreennest@gmail.com インスタグラム:satoko_flower  FB:ateliergreennest

ジャパラリア公式YouTubeチャンネル最新投稿!
【シドニー・レストラン取材動画】シティの「東」