「輝く女性たち」:自然療法師の五十嵐あゆさん

「7年間にわたった誤診によって身体が薬を
受け付けなくなりたどり着いた自然療法」

五十嵐あゆさん(52歳)
自然療法師(アユ・ナチュラル・セラピー主宰)
Ayu Igarashi

ayu_240「結婚・出産を機に日本で勤めていた会社を辞めて10年ほど専業主婦をしましたが、体調を崩し、病院に行ったら自律神経失調症と診断されました。処方された薬を飲んでいたんですが良くなるどころかどんどん悪くなり、別の病院に行っても診断は同じ。ついには薬を飲んでも吐いてしまうようになり、身体が薬を受け付けなくなってしまいました。医者に『あとはもう脳外科しかない』と言われ、専門医に診てもらったところ良性の脳腫瘍だったんです。それも腫瘍が7センチにまで広がっていて、最初に体調を崩してから誤診され続けて7年後でしたので、1年に1センチの感覚で腫瘍が大きくなっていったのかなと(笑)。即入院で2004年に手術を受けました。それだけ長い間放置していたにもかかわらず奇跡的にどこも傷つけずに腫瘍だけを摘出することができ、後遺症も残りませんでした」

 取材の最初からいきなり過去に経験した大病のことをサラリと話してくれたあゆさん。ホーンズビー駅から徒歩10分ほどの自宅クリニックまたは出張にて自然療法師として活動している。シドニーにあるフルタイムの学校で4年半みっちり自然療法を学び、大学卒業と同じ学士(バチェラー)の資格を取得している。

「薬が飲めなくなった私を心配して、シドニーに住んでいた妹が『シドニーには自然療法の学校があるよ』と教えてくれました。日本で体調が悪くなった原因は夫婦間の問題によるストレスからで、手術を受けた翌2005年に夫を日本に残し子供を連れて親子留学し、07年に正式に離婚しました」

 あゆさんはフィジオキー、フラワー・レメディといったさまざまな自然療法を活用して患者の身体的、精神的な問題の治療に当たっている。分かりやすいところでは、身体面では腰痛・肩凝り、四十肩・五十肩、風邪などの改善からアンチエイジングまで、精神面ではイライラや不安症など、もう治らないだろうなと諦めてしまっている人まで一手に引き受けている。

「例えば風邪ひとつを取っても、ハーバル・メディシンは気休めでしかないと思っている人が非常に多いですが、市販の風邪薬と違ってピンポイントで効果を発揮しますので、1カ月咳が止まらなかった人がすぐ治ったこともあります。精神面ではフラワー・レメディを使って極端な恥ずかしがり屋で毎日泣いて幼稚園に行けなかった子が笑顔で通園できるようになったり。四十・五十肩については10分お試し$20の体験スペシャルも設けていて、ほとんどの方がその10分で施術効果を実感して1時間のフル・セッション(※お試しの分も含み合計$80)へ延長されます。それだけ自信があるからこそのお試しスペシャルなんです(笑)。アンチエイジングでは私自身のほうれい線が消えたことがきっかけで表情筋トレイニングや、顔のリンパをカッサで流してむくみなどを取り小顔になるリンパ・マッサージ・トレイニングをそれぞれ30分$30で提供しています」

 患者さんが治っていく姿を見るのが何より嬉しいと心からの笑顔を見せるあゆさん。

「自然療法はどこに行っても治らなかった人の“ラスト・リゾート”とも呼ばれています(笑)。『こんな症状でも治ります?』とまずはお気軽にご相談ください」

Ayu Natural Therapy

*料金(コンサルテイション込み):1時間$80、5回券$300 ●ホーンズビー駅から徒歩約10分(出張の場合、例えばシティとホーズビー間なら追加$10、それ以外の遠隔地は同$15) ☎ 0423-788-020  E-mail: ayunaturaltherapy@gmail.com 公式サイト:ayuword.wordpress.com