フランスのシャトーで一流オージー・シェフの料理を堪能するツアー

 16世紀に建てられたフランス・ブルゴーニュ地方のシャトーに滞在し、一流オージー・シェフによる豪華料理を堪能したり料理教室が受講できるというユニークかつゴージャスなツアーが2019年に開催されることになり、参加者を募集中。

宿泊先の仏ブルゴーニュ地方のシャトー
mark1801-2.jpg

mark1801-13ハット・シェフ、マーク・ベスト

 

 参加シェフは2016年に惜しまれつつクローズしたサリー・ヒルズの3ハット・レストラン「マーク」のオーナー・シェフだったマーク・ベストと、NSW州郊外ボラルの2ハット・レストラン「バイオタ」のオーナー・シェフ、ジェイムズ・ヴァイルズの2人。ツアーには2019年5月31日から6月7日までの7泊のシャトー宿泊に全食事(日によって豪華デガステイション・ディナーも)、シャンパンを含むドリンク、料理教室受講費、ブルゴーニュ空港からシャトーまでの送迎及び滞在中のアクティヴィティである近郊マーケット訪問などの送迎が含まれます。

 気になる料金はすべて込みで7,500ユーロ、つまり日本円に換算すると約100万円なりとかなり高額ではありますが、限定12人という極めて少人数制であることも踏まえると、お金持ちの人にとっては豪華客船の一等客室での船旅より“特別感”を感じられる経験になるかも? 興味がある人は公式サイト(tastesofburgundy.com)を。