インスタグラム・コンサルタントのまさえさん

「見る人に『寄り添う』形のSNS活用法をご案内」

インスタグラム・コンサルタント(ビフル株式会社代表取締役)
まさえさん(40歳)
Masae

masae1「初めは自分のダイエット成果の記録用にとインスタグラムで1日3度の食事や私のビフォー・アフターの写真を載せていたんですが、こちらからのフォロー60人に対し2万人以上の方にフォローしてもらえるようになって、そこから得られる金銭的恩恵が大きく、インスタをビジネス・アピールのツールとしてやっている人たちにどんなふうにやれば実際に売り上げに繋がるのかをお教えしたいと思い、昨年末にインスタ・コンサルタントのビジネスを起ち上げました」

 現在は日本在住ですが26歳だった2006年から14年まで8年間、シドニーにある米国系金融企業で働いた経験を持つまさえさん。食べることが大好きで、日本以上にさまざまな国の料理が美味しいシドニー時代、マックス時には体重90キロ、体脂肪率51.5%となり2016年、日本に帰国した2日後に芸能人の間でも人気のダイエット専門肉体改造ジム「RIZAP(ライザップ)」に入会。なんと入会と同時に高血圧のため救急車で病院に運ばれ、RIZAPからは医師の診断書を求められ、高血圧の薬を飲みながらRIZAPのダイエット・プログラムに励んだところ、最初の3カ月でマイナス18キロ、8カ月の時点で30キロもの減量に成功。結局150万円をRIZAPに払いましたが、まさえさんの言う“金銭的恩恵”とは?

「私のインスタを見て『私もRIZAPに興味があるのですが』とコンタクトを取ってきた全く見ず知らずの人たちをRIZAPに紹介することによって私自身がRIZAPのインフルエンサーとなり、1人入会が決まるごとにRIZAPから特典が得られるんです。一時はRIZAPの会員数13万人の中で紹介ランキング1位になったこともあり、私は今もRIZAPのプログラムを続けているんですが150万円以降はタダで受けています」

masae2_blog2万人以上のフォロワー数を誇るまさえさんのインスタグラム「でぶゑ(/debuerizap)」に投稿した自らのダイエット記録写真

 

 そんな自らの経験を基に、現在はSNSの活用法を法人や個人ビジネスを行っている人たちに教えるコンサル業を行なっています。

「ダイエットもインスタもコツコツ頑張らないと結果は出ないんですが、忙しい人が多いんでしょうね、アカウントを開設したはいいけど全然更新されないままだったり。そんな人たちをポジティヴに応援し続ける応援団的な役割も果たします(笑)」

 一方で、単にこまめに写真を投稿すればいいわけでもないと語ります。

「例えばレストランのインスタで、せっかくの料理が美味しそうに見えない写真は意味がなく、当然フォロワーも増えません。写真を撮る際の角度や光加減、書き添える文章やハッシュタグにどんな言葉を入れるとより反響に繋がるかなど細かく指導しますし、どうしても毎日SNSに時間を費やせない人たちのためにはそれら一切の代行業務も行います」

 コンサル業だけでなく将来的にはまさえさんのようなインフルエンサーを養成するための講座も開きたいと意欲的。SNSの成否を握るのは最終的には“人”だと力説します。

「インスタは広告の場ではなくファンを作るコミュニティ、私はそれが得意なんだと思います。腹黒くやっている人は見る人にも伝わるし、地道にやっている人はそれが出ています。私の仕事は『こうやったらどう?』というその人の良さを引き出すことです。私自身、人が大好きなので、見る人に『寄り添う』形のSNS活用法をご案内しています」

Befull

●7月いっぱいまでは「ジャパラリアを見た」で最初の1カ月のコンサル料通常$1,200が$500に!(契約する前の相談は無料/ビジネスの規模やアカウント数によって割引内容が異なる場合もあり/7月1日から7日までまさえさんがシドニーに滞在する間に個別無料ミーティング希望の場合、事前に連絡を)E-mail: masae.kondo@befull.jp befull.jp