日本人とスイス人ピアニストのデュオZOFO(ゾフォ)来豪公演(5/13, 25)

 スイス出身のエヴァ・マリア・ツィンマーマンと日本の中越啓介の2人のピアニストによるデュオ「ZOFO(ゾフォ)」が来豪、5月7日のメルボルンを皮切りに28日のキャンベラまで全豪主要7都市を巡演するコンサート・ツアーを開催します。

エヴァ・マリア・ツィンマーマンと中越啓介のピアノ連弾デュオ「ZOFO(ゾフォ)」
zofo_blog

 2010年に結成したZOFOとは、“ZO”がその文字の見た目から“20”を、“FO”は“Finger Orchestra”を意味し、つまり日本語に訳すと“指20本のオーケストラ”というグループ名です。1台のピアノを2人で演奏する繊細かつダイナミックな連弾により結成以来、米グラミー賞にもノミネイトされるなど国際的な評価を得ています。

 全豪ツアーでは世界14カ国の現代音楽家たちの音楽を、それぞれの音楽家たちが選んだ母国のアートをスクリーンに映し出しながら演奏するというユニークな演出が話題を集めており、“横浜”もそのひとつに含まれているから日本人としては中越啓介の演奏も含め楽しみなところ。シドニー公演の詳細は下記の通り。

ZOFO – info

●会場:シティ・リサイタル・ホール・エンジェル・プレイス(City Recital Hall Angel Place)●日程+開演:5月13日(月)7pm、25日(土)2pm ●料金:*大人/A席$110、B席$83、C席$58、*年金受給者/A席$96、B席$72、C席$50、*40歳未満/全席$40、ファミリー(4人)/全席1人$25 musicaviva.com.au