転写紙を切って貼るだけの簡単コースも新登場のシドニー・ポーセレン・アート・クラブ

 シティからバス一本のシドニー北郊ライドに絵付け歴20年以上の講師・渡辺恵理子さんが構える陶絵付けスクール「シドニー・ポーセレン・アート・クラブ」にこのほど、「デキャールコース」が新登場。

デキャールコースでは食器だけでなく歯ブラシ立てやソープ・ポンプ、小箱なども作成
SPAC1_blog

 日本人に耳慣れない“デキャール”とは“転写紙”を意味し、要はステッカーのようなもので、あらかじめさまざまな絵柄やパターンが1枚の用紙に印刷された転写紙を切って白い器に貼り、電気窯で焼き付けて作品を作るデキャール・アートのこと(完成した作品は飾り用としてだけでなく実際に使用可能)。陶絵付けと異なり自分で絵筆を使って絵を描く必要はなく、また、同じ転写紙を使っても組み合わせ次第で個性溢れる一点物の作品が出来上がります。陶絵付けに興味はあったけど、お手本があるとはいえ自分で絵を描く自信がないという人にとって、取っかかりの第一歩という意味でも気軽に受講できます。

さまざまな絵柄やデザインがそろった転写紙
SPAC2

 日本でも人気を集めているデキャールコース、気になる受講料は1レッスン3時間$75(材料費、焼成代別)。コース全体で形状の異なる12点の作品を作成し、レッスン回数は合計16〜20回(個人差あり)に及びますが、コース修了時には資格取得の修了書を発行してくれるし、受講曜日・同時間は相談に応じてくれるから自分の都合に合わせて自由に楽しく学べるよう配慮されています。デキャールコースでその楽しさに目覚め、今度は実際に自分で絵を描きたいという人はコース途中で陶絵付けコースに移行することも可能。

 コースを最後まで受講できるか不安な人のために体験レッスンもあり($30/材料費等すべて込み)、約2時間の体験レッスンで1作品を仕上げ、恵理子さんが電気窯で焼き付けたその作品を後日もらえることになっています。恵理子さんの授業は分かりやすいだけでなく親切・丁寧、そして何よりもとても温かみのある優しい人柄が教え方に表れていると大好評だから、まずは気軽に問い合わせを!

Sydney Porcelain Art Club

●5 Pope St., Ryde(トップ・ライド・ショッピング・センター敷地内)※シティからはバス一本で25分(515、518、520、M52)、またはチャツウッドからなら534ですぐ♪(ショッピング・センターに駐車場あり) ☎(02)9800-9801 / 0415-309-577 E-mail: watanabe.eriko07@gmail.com sydney-porcelain-art-club.com

Kagajo'12-05