レストラン「シックスティーン」のデガステイション5コース通常1人$69が$59に!

※お得なデガステイションの詳細は
このブログ記事の一番下にあり♪

 2ハット受賞の一流イタリアン・レストラン、ブオン・リコルドで5年のシェフ歴を持つ日本人オーナー・シェフ龍徹(りゅう・とおる)さんによる丁寧に時間をかけた繊細なイタリア料理の数々が楽しめるニュートラル・ベイのレストランシックスティーン。地元のオージーたちや在住日本人の間でも非常に高い評価を得ており、このたび7周年を迎えました。

restaurantsixteen1805-ex.jpg

restaurantsixteen1805-in.jpg

コースをオーダーすると出されるフカフカのフォカッチャは
人気のベイカリー「ソノマ」のもの

restaurantsixteen1805-7.jpg

restaurantsixteen1805-6.jpg

カクテル「アペロール・スピリッツ」($15/左)とモクテル「ピーチ・レモネイド」($10)

 

 食前酒におすすめなのは、イタリア産リキュールのアペロールとプロセッコにオレンジを混ぜたスッキリした味わいのカクテル「アペロール・スピリッツ」($15)。お酒が飲めない人にはモクテル「ピーチ・レモネイド」($10)があり、こちらも大人向けのさっぱりとした味です。

 スペシャル・メニューからのハガツオ($24)は、タタキ状に焼いたちょっとスモーキーなテイストのハガツオを、しょうゆとライム・ジュースであっさり食べられる一品で、血液もサラサラに♪

ハガツオ($24)
restaurantsixteen1805-1.jpg

 ビーフ・カルパッチョ~トリュフ・ペコリーノ($26)は、テイブルに運ばれたとたん、その香り高さにのけぞってしまうほど。テンダーロインをスライスした軟らかなビーフと、かぐわしいペコリーノ・トリュフは味の相性も抜群です。

ビーフ・カルパッチョ~トリュフ・ペコリーノ($26)
restaurantsixteen1805-2.jpg

 パスタ料理では自家製手打ち生麺のタリアテッレを完璧なアル・デンテにゆで上げたものを、アサリ、タコ、イカ、ムール貝など選りすぐりの新鮮なシーフードたっぷりのトマト・ベイスのソースに絡めた魚介のタリアテッレ($35)を。マイルドな辛さの同店自家製のチリ・オイルを好みで加えても。

魚介のタリアテッレ($35)
restaurantsixteen1805-3.jpg

 Tボーン・ステーキ($42)は、ぜひミディアム・レアで。真ん中の骨を境にサーロインとフィレそれぞれの部位が楽しめるし、カットして出されるのでシェアしやすいです。塩コショウされたそのままでも肉の美味しさが堪能できるし、レモンをサッとかけてあっさりと、はたまた焼いた際の肉汁をバルサミコ酢と合わせ濃縮したソースをかけても絶品。

Tボーン・ステーキ($42)
restaurantsixteen1805-4.jpg

 味わい豊かな栗がゴロンと入ったチェスナッツ・コーヒー・プリン($13)は、“コーヒー味のモン・ブランのムース”といった絶妙な美味しさの大人のデザートです。ぜひエスプレッソ($4.50)とともに。

チェスナッツ・コーヒー・プリン($13)とエスプレッソ($4.50)
restaurantsixteen1805-5.jpg

 これから冬に向けてのメニューとしては、蜂の巣、ズッパ・ディ・ペッシェ、ラグー系のパスタ料理など煮込み料理が増えていくそうでそちらも楽しみ。

 7周年の感謝を込めて、6月末まで月~木はデガステイション5コース通常1人$69のところ、4人以上の利用につき予約時に「ジャパラリアを見た」で1人$10 OFFの$59という破格値で提供。メニューの内容はその日のシェフのおすすめとなるが、人気の看板メニューであるファゴッティーニ(ミートボールのトリュフ・オイル風味)や炙りホタテ、オックステイル・ラグー、雛鳥や旬のスペシャル・メニューなどからという豪華さ。予約時に食べれないものやアレルギーがあれば伝えるとそれには対応してくれるが、料理内容の指定や変更は不可なのでその点だけ注意。

16 Sixteen

●236 Military Rd., Neutral Bay ☎ (02)9909-0160 ■月~土6pm-10pm(ラスト・オーダー9:30pm) 日休 ◇酒類ライセンスあり(ワインのみBYO可) restaurant16.com

Kagajo'18-05.jpg

restaurantsixteen1805-0.jpg