青山美智子さんの新刊・TVドラマ「カインとアベル」ノヴェライズ本・上巻発売

michiko_book1701-1.jpg

「カインとアベル」上巻(扶桑社刊/640円+税)

 

 ジャパラリアに大人気エッセイ「いろはにポケット」を連載中の青山美智子さんの新刊「カインとアベル」上巻が11月29日、日本全国の書店で発売されました。旧約聖書・創世記「カインとアベル」を原案に、「マルモのおきて」(11)の阿相クミコさんが脚本を手がけ、Hey! Say! JUMP山田涼介主演、桐谷健太倉科カナほか共演のフジテレビ月9ドラマとして10月17日から12月19日まで放映された作品を、青山さんが脚本を基に小説化したノヴェライズ本です。

Michiko_Aoyama1701.png

青山美智子さん近影

 

「私にとって4作目のドラマ・ノヴェライズですが、次の脚本が届くのが毎回こんなに楽しみだったのは初めてです。人間の光と闇が巧みに描かれていて、ドラマを見ていない方にも楽しんでいただけると思います。下巻は今、執筆中です(※12月下旬発売予定)。ええっ!という展開が待っていますので、そちらもぜひ」と青山さん。

【あらすじ】高田優(山田涼介)は父・貴行(高嶋政伸)が経営する高田総合地所株式会社の社員だが、貴行は成績優秀な優の兄・隆一(桐谷健太)に幼いころから目をかけ寵愛し、優には無関心で、優は父親の愛情に飢えていた。ある日、優は梓(倉科カナ)という女性と巡り会う。仕事や思いもよらぬ展開を通して徐々に梓に恋愛感情を抱き始める優。だが皮肉にも梓は隆一の恋人で…。
※公式サイトfujitv.co.jp/CainandAbel

michiko_book1701-0.jpg