江戸前寿司の基盤があるからこそできる華樹林の「シド前寿司」

 クロウズ・ネスト交差点のすぐ側、本格的な寿司カウンターと鉄板焼きカウンターの両方がある貴重な存在の日本食レストラン華樹林

hanajurin_ex1609

hanajurin_in1609

hanajurin_chef1609

カウンター席の利用者一人ひとりに真心込めて寿司を握る寿司シェフ“クリリンさん”こと松谷朋之さん

 

 寿司シェフ“クリリンさん”こと松谷朋之さんは、実家も北海道函館の寿司店で、札幌と実家の寿司店で合計9年、シドニーの東レストランで9年半の経験を持ちます。江戸前寿司を基盤に、でもシドニーならではの“シド前寿司”を目指していると笑います。

 ディナー時カウンター席限定の「おまかせ寿司」($88)は、そんなクリリンさんの究極の握り寿司が堪能できるマストなコース。突き出しのタコの軟らか煮に始まり、取材時にはちょうど旬だった南マグロ(漬け、中トロ、大トロと続く)やクリリンさんが「ウニはこれしか使わない」というこちらも旬真っ最中だったタスマニア産紫ウニなどの厳選鮮魚を使って1貫ずつ出される寿司15貫、和菓子職人であるクリリンさんの奥様からアイディアを得たというオリジナルの、まるでカステラのようなふわふわ感とほんのりとした甘さがたまらない玉子焼きに、スキャンピのお頭入りの味噌汁がセットになっています。

「おまかせ寿司」の突き出しのタコの軟らか煮
hanajurin_sushi_tsukidashi1609

 シャリは新潟産の米「笑みの絆」を日本の浄水器で濾した水とともに電気炊飯器ではなく5合炊きの羽釜で炊き、赤酢「美濃三年酢」で用意(もともとの江戸前は赤酢を使うのが本式だそうで、シャリがほんのり色付いています)。出来上がったシャリを入れておくのもプラスティックではなく木製のおひつだし、海苔は熊本産と佐賀産など計4種類を使い分けるというこだわりよう。おまかせ寿司はすべて煮切りじょうゆやユズしょうゆ、塩などで味付けされるのでそのまま食べられるのも特徴です。

ディナー時カウンター席限定「おまかせ寿司」より($88/タコの軟らか煮、寿司15貫、玉子焼き、スキャンピの味噌汁付き)
Hanajurin_sushi1609-1

 おまかせ寿司のネタの中での注目は、なんとクリリンさん手作りのカラスミが載った炙りスキャンピ、そして、 “シド前寿司”を代表するクリリンさんのシグネチャーサーモンのしょうゆ漬け炙り

 おまかせ寿司だけでも十分満足できるヴォリュームですが、せっかくだからさらに豪華にいきたいという場合、おまかせ寿司をオーダーする人には追加$12で前菜3種類、同じく$20で本日の刺身10切れを付けることもできます

「おまかせ寿司」の最後に出されるクリリンさんオリジナルの玉子焼き
hanajurin_sushi_tamago1609

「おまかせ寿司」のスキャンピの味噌汁
hanajurin_sushi_misosoup1609

 一方、ランチ時はその豪華な寿司ネタもふんだんに盛り込まれ、かつお得に楽しめる「海鮮ばらちらし寿司セット」($21.80/味噌汁、デザート付き)が、在住日本人の間で「華樹林のばらちらし、もう食べた?」と話題独占中。

ランチ時限定「海鮮ばらちらし寿司セット」($21.80/味噌汁、デザート付き)
hanajurin_chirashi1609

「海鮮ばらちらし寿司セット」は味噌汁とデザート付き♪hanajurin_chirashi_ice1609

 特別メニューでは、天然南マグロ兜焼き(サイズによって料金変動/写真のもので$45)が市場にある際には随時入荷され、同店Facebook(こちら!)で事前に案内されます。素材の美味しさを生かしてじっくり40~50分、シンプルに塩焼きされたものを、こちらもあっさりニンニクじょうゆでいただきます。2人でも食べきれないほどのヴォリュームですが、目玉周りにはコラーゲンたっぷりで、日本人女性客にも大人気♪

天然南マグロ兜焼き(サイズによって料金変動/写真のもので$45)
hanajurin_kama1609

HaNa Ju-Rin

●Shop 1, 300 Pacific Hwy., Crows Nest ☎ (02)9966-5833 ■ランチ(水~月)12pm-2:30pm(ラスト・オーダー)、ディナー(水~月)6pm-9:30pm(ラスト・オーダー) 火休 ◇酒類ライセンスあり jurin.com.au/hana_jurin