オーストラリアで最も小さな「ファイン・ダイニング」ライタ・ノダ・シェフズ・キッチン

 シドニーで活躍する日本人シェフの中でも、その腕前が全豪で高く評価されている和食料理人のひとり野田雷太さんが2014年末にサリー・ヒルズにオープンした日本食レストラン「ライタ・ノダ・シェフズ・キッチン」。

raita_ex1608.jpg

raita_in1608.jpg

 在豪歴の長い人なら覚えているでしょうが、雷太さんは20年以上前にシティにあった一流日本食店・松風でキャリアをスタートし、その後、元ANA現シャングリホテル内の雲海、ポッツ・ポイントのえび寿を経て、ダーリングハーストに自らオーナー・シェフとして5年間構えたライズ時代にシドニーモーニングヘラルドグッドフードガイドにて1ハットを受賞した経歴の持ち主で、現在の店の前はザ・ロックスでオーシャンルームを10年間切り盛りしていました。

生牡蠣に透明なトマトのソルベと唐辛子の球体が添えられたアミューズ
raita1608-1.jpg

 

半熟卵にウニのムースが載せられ、別添えのイクラのしょうゆ漬けを卵の中に
落として軽くかき混ぜ、スプーンまたはトーストをディップしていただく前菜

raita1608-2.jpg

 

甘海老によく似たロイヤル・レッド・プロウンの前菜は柚子コショウ、
フィンガー・ライム、カラスミのすり下ろしが載せられた後、
熱く熱したオリーヴ・オイルをジュッとかけて出される

raita1608-3.jpg

 オーシャン・ルームが総席数200席という大規模店だったのとは対照的に、ライタ・ノダ・シェフズ・キッチンはカウンター席のみの全8席。その分、一人ひとりに出す味のクォリティを100%完璧に維持できるのが同店の最大の売りで、オープンからまだ2年未満でありながら15年度レストラン&ケイタリング賞でベストニューレストラン賞を受賞したのを筆頭に、16年度ゴーミヨでもニューレストラン賞のファイナリストに輝き、オープンと同時に爆発的な人気店となったため、しばらくはなかなか予約が取れず、現在も週末(木~土)は最低でも3~4週間前の予約が必須ですが、平日(月~水)は1週間ほど前の予約で席が取れる日もあるといいます。

市販の缶詰のように蓋が閉じた状態で「ツナ缶です」と出され、蓋を開けると
中には新鮮なメバチマグロのタルタルが!別添えの乾燥トマトとしょうゆを
フリーズ・ドライしたという粉末状の薬味をかけていただく前菜

raita1608-4.jpg

 

この日の椀ものはシメジとエリンギの土瓶蒸しで、プリプリの海老と
タイもさることながら絶妙なダシ加減に本誌取材班二人とも唸った美味しさ

raita1608-5.jpg

 

奥に見えるNZ産のその名も「最高(Saiko)サーモン」は
スモークを充満させたグラスを被せその場で即席スモーク(本日のお造り)

raita1608-6.jpg

 料理は数カ月ごとに変わる10コースのおまかせメニュー一本で$150これにマッチングワインを付けると追加$95。アミューズに始まり前菜3種、椀もの、本日のお造り、メイン2種、そして握り寿司5貫にデザートまで、いずれも意外な隠し味などをさりげなく盛り込んだりと非常に手の込んだものであるのはもちろん、口に運ぶと顔がほころぶというより本当にニンマリする究極の美味しさ。

オレンジとヴァニラの隠し味がポイントの銀ダラの粕漬けは
身のプリプリ加減もたまらない

raita1608-7.jpg

 

1頭から少量しか取れない部位であるランプ・キャップを
使った和牛ステーキは完璧なレアで出される

raita1608-8.jpg

 カウンター席のみという造りを生かし、全コース客の目の前で用意するのがコンセプトで、なるほど料理に添えるソルベやデザートを除き事前の仕込みはほとんどなく、すべてが雷太さんとその実子で同店オープニングから働くようになった桃太朗さんの2人だけで、でも次々に出されます。握り寿司の酢飯もなんとちょうどメインが出される頃合いに米が炊き上がるよう設定されているから徹底しています。

1貫ずつ出される握り寿司は5貫とも漬けや昆布締めなどで
しょうゆを付けずにそのままいただく

raita1608-9-1.jpgraita1608-9-2.jpgraita1608-9-3.jpg raita1608-9-4.jpgraita1608-9-5.jpg

 フロア・スタッフもおらず、料理を出してそれぞれの料理の説明をしてくれるのも、お酒を注いでくれるのもこの二人のみですが、このなんともいえない居心地の良さはこれまでのファイン・ダイニングにはなかったもので、「オーストラリアで最も小さなファインダイニング」のパイオニアと呼べるでしょう。頭数が8人そろえば貸切可能というのも小さい店ならではの良さ(貸切は最大10人まで可)。

目の前で作られるパリパリした食感とレモン味が新鮮な綿あめと
生柚子のパンナコッタ、カウンターでその日アロマ代わりに
炊かれていた茶葉を使った玄米茶

raita1608-10.jpg

 

オーナー・シェフの雷太さん(左)とその実子・
桃太朗さんの2人だけですべての料理を担当

raita_momotaro1608.jpg

 なお、予約はSMSのみで、返信も雷太さん自らが行うため営業時間中などのSMSの返信は翌日になったりもしますが必ずコンファームの返信がくるのでご安心を。

Raita Noda Chef’s Kitchen

●Shop 1, 222 Riley St., Surry Hills ☎ 0451-068-815(予約はSMSのみ) ■月~土7pm-(貸切の場合、日曜の利用も相談可) raitanoda.com.au

raita1608-0.jpg