シックスティーンで8月末まで月~木3コース$49のスペシャルあり!

 2ハット受賞の一流イタリアン・レストラン、ブオン・リコルドで5年のシェフ歴を持つ日本人オーナー・シェフ龍徹(りゅう・とおる)さんの、丁寧に時間をかけた繊細なイタリア料理の数々が楽しめるニュートラル・ベイのレストランシックスティーンも今年で5周年を迎え、地元のオージーたちの間でも、さらには在住日本人の間でも非常に高い評価を得るに至っている。セレブ・シェフとしてお馴染みの、テツヤズの和久田哲也さんも足繁く通う店です。

sixteen_ex1607.jpg

sixteen_in1607.jpg

 お祝いディナーのおすすめは、豪華な7テイスティングメニュー($89)と5テイスティングメニュー($69)。どちらもヴァラエティに富んだ料理の数々が堪能できるとあって、誕生日や記念日の食事には抜群の人気だ。店名の「16」から、子供の16歳のバースデイや、結婚16周年記念などで利用する家族やカップルも少なくないといいます。とはいえ、カルトメニューも豊富だし、シーズンによってウニやカラスミイカ墨を使った単品としてのパスタ料理も日本人に絶大な人気なので、「普段使いの店としてパスタ一品だけという利用の仕方もぜひ」と同店。

 スペシャル・メニューからの「グラタンスペシャル」($19)は、熱々をふうふういいながら口に運ぶと、ホタテとバッカラ(干しタラ)、そしてポテトの優しい味わいが口いっぱいに広がります。

グラタン・スペシャル($19)
sixteen1607-1.jpg

 前菜メニューからサバの炙り($19)は、半熟卵と芽キャベツにサルサ・ヴェルデが添えられ、素材の組み合わせも見た目も見事。

サバの炙り($19)
sixteen1607-2.jpg

 10時間コトコトじっくりと煮込んだタコのグリル($21)は、身の驚くほどの軟らかさに加え、味わい深く、マッシュ・ポテトにバルサミコ・グレイズの甘酸っぱさで一層美味しさが引き立ちます。

タコのグリル($21)
sixteen1607-3.jpg

 特別メニューのメインからキンメダイのフライエンドウ豆のクリーミーピューレ卵とパルメザンのコーティングレモン($32)は、それぞれの素材の持ち味を生かした大人のフィッシュ・フライという凝った一品。

キンメダイのフライ($32)
sixteen1607-4.jpg

 パスタ料理は、すり下ろしたからすみをふんだんに振りかけた贅沢なキンメダイとズッキーニのアーリオオーリオ($28)。S字型の断面を持つカサレッチェというシチリアの伝統的なショート・パスタを用い、フレイヴァーはサルデーニャ風。さすが徹さんのパスタ料理は完璧なアル・デンテなのは言うまでもなく、どれを食べても絶品。好みで同店自家製のチリオイルをすすめられ、使ってみたらマイルドな辛さに虜になりそう。実際家でも使いたいというエクエストも多く、「近日中に発売予定です」とのこと。

キンメダイとズッキーニのアーリオ・オーリオ($28)
sixteen1607-5.jpg

sixteen_wine1607.jpg

白ワイン「コスタモリーノ・アルジオラス」(ボトル$49)

 

また、このパスタにはサルデーニャの白ワイン、コスタモリーノアルジオラス(ボトル$49)がおすすめ。ヴェルメンティーノ主体のすっきりした白で、明るい緑色を帯びた麦わら黄色、繊細で香り高いアロマが長く続く生き生きとしたフレッシュでドライな味わいは、魚料理によく合います。

 8月いっぱいまで平日の月~木は日替わりスペシャルの3コース前菜メインデザートを用意しています(1人$49/2人からオーダー可)。メニューの内容はその日のお楽しみ♪(メインはパスタではなく肉または魚料理)予約はFacebook(facebook.com/Restaurant16)からもできるし、料理写真はインスタグラム(instagram.com/Sixteen_Restaurant)でもチェックできます。

16 – Sixteen

●236 Military Rd., Neutral Bay ☎ (02)9909-0160 ■月~土6pm-10pm(ラスト・オーダー9:30pm) 日休 ◇酒類ライセンスあり(ワインのみBYO可) restaurant16.com

sixteen1607-0.jpg