「埼玉県」をシドニーにアピールした一日

 埼玉県が海外初の試みとして企画した「埼玉県物産&ツーリズム展」が10月26日、シティのグレイス・ホテル内ホールにて開催、埼玉県職員のほか、埼玉県内に本社を構える食品業者など10社・団体が来豪参加、それぞれがブースを構え、試食・試飲サンプルなどとともに来場者に自社製品の説明を行った。

今年、埼玉県より公式に「埼玉観光サポーター」に任命された
クレヨンしんちゃんの大型ディスプレイとともに、
いずれも埼玉県産業労働部観光課の皆さん
(左より持田泰人さん、髙梨光美さん、吉野牧人さん)
saitama1512-1.jpg

 

所沢で乾麺一筋に4代目という三上製麺の三上広明社長
saitama1512-2.jpg

 当日はまた、観光地としての埼玉をアピールするブースもあり、工芸品なども展示されていました。

 埼玉県はQLD州と姉妹都市提携30年以上でオーストラリアとも深いつながりがあるものの、東京に隣接しているせいか、これまで外国人観光客には見過ごされがちで、関東では東京だけを観光して東京の次は京都や大阪へとなってしまい、どうしても観光客の足が向きにくいのも事実でした。ですが江戸時代の町並みを残す川越雄大な自然を満喫できる秩父など、他県では味わえない独自の観光資源も豊富に存在します。埼玉県は今後も「Just north of Tokyo!(東京のすぐ北)」をキャッチフレイズに、オーストラリア人旅行者の需要を喚起していきたいとのこと。

料理研究家の出倉憲秀さんを囲んで、ともに今回のイヴェントを企画・
運営したグローバル・プロモーションズの守屋太郎さんと林さゆりさん
saitama1512-3.jpg

saitama1512-4.jpg

saitama1512-0.jpg