シドニーのラーメン激戦に新たに参戦!「めん処・翁さん」チャイナタウンにオープン

 ここ数年、シドニーはかつてないほどラーメン専門店の数が増え、それぞれが麺にスープにこだわりを見せていますが、そんなラーメン激戦区シドニーはチャイナタウンのディクソン・ハウス地下フード・コートに2月、「めん処・翁(おう)さん」が新たにオープン、まだ数週間しか経っていないというのに既に在住日本人の間でも大きな話題を集めています。

osan_in1503

 日本人と台湾人の両親の下に生まれた店主の翁和輝(かずてる)さんは、04年に北九州市に最初の店をオープン、08年度「九州ラーメン総選挙で500店舗中トップ3入りを果たした同年、満を持して東京に進出板橋に2号目の店をオープンするや首都圏でも一挙に人気を集め、ほんの2カ月後には噂を聞きつけたフジテレビとテレビ東京が取材…という実績を誇ります。その後も新宿板橋(同区で2軒目)、早稲田と着実に店舗数を伸ばし昨年はついに海外初のカンボジニアにも店を開きました

とんこつラーメン($9.80)
osan_tonkotsu1503-1

 そんな翁さんの自慢は、やはりなんといっても本場九州の味をしっかり踏襲して自分だけの味へと昇華させたとんこつラーメン($8.90)。早速取材で試食させてもらった九州出身の記者も「間違いなく本物のそれも人気店の美味しさ!」と太鼓判。

ネギとんこつラーメン($11.30)
NEGI TONKOTSU1503

 翁さんではとんこつ以外にしょうゆベイス、そしてポークとチキンのダブルスープも用意されていて、ダブル・スープの決定版はその名も「SUMOラーメン」($12.80)。とんこつラーメンとは麺も変えこちらはやや太めを使用するというこだわりよう。大きめの角煮が2切れゴロンと載っているほかモヤシとキャベツてんこ盛りの見た目は日本の某有名店のそれを彷彿させますが、もちろん味は翁さん流で、見た目と裏腹に意外とあっさりしていて、女性なら最初は「完食は無理かも?」と思えるかもしれませんが、あら不思議♪

SUMOラーメン($12.80)
osan_sumo1503

 同じフード・コート内にはアルコールを販売する店もあるので、週末のランチや“ラーメン・ディナー”としてもおすすめ。ちなみに地下フード・コートへの入り口は、ディクソン・ハウスの建物正面玄関ではなくディクソン・ストリートとリトル・ヘイ・ストリートの角にあります。

辛いラーメン($11.80)
SPICY RAMEN1503

肉魚介しょうゆラーメン($12.80)
niku_gyokai_ramen1503

Ramen Bar O-san

Shop B01, Dixon House Food Court, Cnr. Dixon & Little Hay Sts., Haymarket ■11am-8:15pm(ラスト・オーダー) 火休 www.o-san.com