シドニーのカリスマ・セラピスト杉森匠司さんインタヴュー

人生終わった…」を乗り越えて

治療院バランス&ポスチャーシドニークリニック~」
主宰姿勢矯正セラピスト

 ゴスフォードとシティに“行列のできる治療院”として知られるバランス&ポスチャーシドニークリニック~」を構えるセラピスト杉森匠司しょうじさん40歳がこのたびプロのセラピスト養成を目的とした勝ち組セラピスト養成コース in オーストラリアを自ら考案3月ごろの開講に向けて着々と準備中です自身も長い間身体の不調に悩まされた経験を持つしょうじさんだからこその“治す技術”と“繁盛治療院経営”を習得できる心強いコースを開講するに至ったしょうじさんに話を聞いてみました。


shoji1502-1.JPG「18歳の時に腰のヘルニアになってしまい、ずいぶん悩まされました。最初は脚の痺れがひどく、動かすたびに全身に電気が走ったような痛みを伴い、だんだん症状が悪化して、最後には手足の麻痺を起こし、寝たきりになってしまいました。ひどい時にはペン一本さえ持てない状態に…。いろんな治療を受けましたが、『一生治らない』とか『下半身不随を覚悟するように』と複数の医者から宣告され、『俺の人生、もう終わった』と大げさでなく思いました(笑)。今だからこそ笑って話せますが、その当時の絶望感といったら、口では説明できないほどです」

 いわゆるリラクゼイション系のマッサージは一切行わず、腰痛を筆頭に完全に“治療系”に徹した施術を行うしょうじさんは、この世界に入ったきっかけをそう語ります。

「それまで医者だけでなくマッサージや鍼灸や漢方、カイロプラクティックにフィジオセラピーなどあらゆるものを試して、そのどれも根本的に治ったという実感が得られなかったんです。なので、これだけやっても治らないんだったら自分で何とかするしかないとTAFEのリメディアル・マッサージ・コースを受講しました。そこで基礎的な解剖学などを学ぶことで何か糸口が見つかるかもしれないと、藁をも掴む思いでした。学校では、椅子に座っていることもできず、僕だけ横になった状態で授業を受けさせてもらうということも何度もありましたね(笑)」

 ですが、それでもしょうじさんの腰痛は完治には至りませんでした。

「TAFEを卒業して、いざプロのセラピストになったものの、僕自身の腰痛が完全になくなったわけではなく、月に一度カイロプラクティックに通う日々が続いていて、『自分がヘルニア患者なのに人を治せるはずがない』とジレンマとの闘いでした。そんな時、世界中を飛び回る治療家として名高いKen Yamamoto先生のセミナーがシドニーで開催され、受講したんです。そうしたら…その日からピタリと痛みがなくなったんです!Ken Yamamoto先生の治療理論は『姿勢を整えれば痛みや不調はなくなる』という単純、だけれども劇的に効果が出るもので、まさに隕石と正面衝突したような衝撃を受けました。今ですか?腰痛への不安や痛み、不調は完全にゼロです。まさにV字回復です(笑)。この先も一生悩まされないだろうな、と確信していますし、むしろあそこまでひどかったのは幻覚じゃなかっただろうかとすら思うこともあります。だけどあれを経験したからこそ辛い状況の患者さんの気持ちも100%分かりますし、何とかして楽にしてあげたい!っていうエネルギーも底なしに湧いてきます。どんなに大変な症状でも、姿勢を整えれば大幅に改善するんだぞ!と確信を持って言うことができるようになりました。18年間の重しの効いた説得力があります(笑)」

 しょうじさんは、腰痛や肩こりや関節の痛みといった筋骨系疾患についての世間一般のとらえ方に危惧を感じています。

「それらの問題に対しては、日本でもオーストラリアでも西洋医学の考え方が採用され、結局、症状を抑えるだけの“対処療法”にとどまっているように思えます。例えば腰痛のほとんどは原因不明であるにもかかわらず、『まずは痛み止めで様子を見ましょう。それでもダメだったら、とりあえず手術しましょう』という大雑把かつ患者さん側に立って考えていないように思えるんです。僕がKen Yamamoto先生から習得した治療法は、道具を一切使わないセラピストの手だけを使った“手技療法”ですが、ヘルニアやむち打ちなどの症状に驚くほどの成果を上げています。その結果が、広告は一切しないにもかかわらず、常に2カ月待ちの患者さんで埋まる今があるんです。何とかして、不必要に苦しみ悩んでいる患者さんを楽にしてあげたいんです」

 自らのヘルニアを克服したしょうじさんは以来、セラピストとして自信を持って患者に接するようになりますが、同じセラピスト仲間にももっとセラピストとしての自信や喜びを持ってもらいたいと考えるようになりました。 

「特にこちらで学び、独立しているセラピストさんは、行き詰まりを感じて悩んでいる人があまりにも多いということに気づきました。学校で習うことというのは机上の空論も多く、実際の現場で役に立つか?というと疑問です。なので治療院の運営をやっていく上で大切な、患者さんとのコミュニケイションの方法や、治療院経営のためのマーケティングといった、実践的で生きた知識とノウハウ、それにプロのセラピストとしてのあり方をお伝えしていきたいと思っています。そういった点をすべて網羅してあるので、コース修了後には受講した人全員が経済的・精神的・社会的に豊かになって、自信と誇りを持ったプロのセラピストになれるようなカリキュラムにしました。ここで人生を変えるんだ、ぐらいの覚悟で望んでいってほしいと思います」

 セラピストは「社会で絶対必要な聖職」だと言うしょうじさん。ならばその後半生は、その“聖職者”を育成することで社会貢献をしたいと言います。

 一方で、社会福祉活動にも強い関心があり、一般の人を対象にした「姿勢教室」の全利益や、2年前にアマゾンから出した電子書籍「海外で、セラピスト~僕の夢の叶え方~」の印税、それに患者からもらう施術費の一部を、東日本大震災の被災地に寄付し続けています。

「僕が師匠と仰ぐKen Yamamoto先生は、一年の大半を海外でのセミナーや治療に飛び回り、そこで出た利益を孤児院や東北被災地に寄付して、ご自分は借家で車一台持たない質素な生活を送っておられます。飛行機も当然のようにエコノミーで、海外での滞在先もビジネス・ホテル程度(笑)。『自分よりも他人』『Give and Give and Give』をモットーに、身をもって実践する方で、僕もそんなふうに生きたいと思っています。いずれにせよ、かつては『人生終わった』とドン底を経験した身ですから、天から与えられたセカンド・チャンスだと思い、“生きている”のではなく“生かされている”のだと毎日感謝して、命の続く限り周囲を豊かにしていきます。それが僕の命の正しい使い方だな、と確信しているからです」

 情熱の塊のようなポジティヴさ満載でこう語ってくれたしょうじさん。「何とかして人生で出会うすべての人を幸せにしたい!」と話す、イキイキとした目があまりにも印象的でした。

勝ち組セラピスト養成コース in オーストラリア – info

●コースに含まれるもの:①「Shoji式」姿勢学セミナー(パート1~4)、②同フォロウ・アップ・セミナー、③座学講座・手技練習会(それぞれ6回ずつ)、④治療院ビジネス立ち上げサポート、⑤ワーク・エクスペリエンス(しょうじさんの治療院にて受付助手として生の臨床現場を体験)●受講料金:①のみ$940、①+②$1,410、①+②+③$2,140、①~⑤すべて$2,840、●開講スケジュール:3月上旬開始(詳しくは問い合わせを) ●募集人数:1ターム(約3カ月)最大4人 ●開講場所:410 Elizabeth St., Surry Hills(しょうじさんの治療院のあるビル内ミーティング・ルーム)

Balance and PostureSydney Clinic

☎ 0413-342-991 E-mail: shoji@shojimassage.com

※「勝ち組セラピスト養成コースin Australia」の短縮アドレス: goo.gl/ESKzAA

shoji1502-0.JPG