冬限定!本格煮込みフランス料理に注目のグラスゴウ・アームズ・ホテル

 チャイナタウンから歩いてすぐのパワーハウス博物館とイアン・ソープ・アクアティック・センターの交差点にあるローカル・ホテル、グラスゴウ・アームズ・ホテル内のビストロ。

glasgowarmshotel_ex1408.jpg

glasgowarmshotel_in1408.jpg

 日本人オーナー・シェフの“ハリーさん”こと青木さんは横浜のフレンチレストランなどで修行し、23歳の時に来豪以来、若くして国際的リゾートの総料理長などを歴任しました。その彼の作る料理は従来のパブとは一線を画し、調理済み食材やインスタント・ソース、MSGなどは一切使わず、すべて彼の手作りで、ステーキやパスタといったお馴染み“パブ飯”は言うに及ばず、日本の洋食さん的メニューも充実していて日本人の間で大人気。常連客からのリクエストに応えての“裏メニュー”もあるし、しかも「グルテンフリーなどの特別なご要望にもお応えできます」というポリシーで安心感が高いです。「手間暇かけてきっちり作れば美味しい」というハリーさんのこだわりを随所に感じるメニューがズラリ。

自家製ドゥミグラス・ソースが美味しさをさらに引き立てる
同点定番人気メニューのMSAプライム骨付きビーフ・リブ(450g / $33)
glasgowarmshotel1408-1.jpg

 今回は冬に合わせてハリーさんが得意とする冬季限定のフランス風の煮込み料理をいくつか紹介してくれました。ラムシャンクの煮込み南フランス風($22)は、骨付きすね肉を丸ごと豪快にオーブンで蒸し煮、ホロホロと骨から崩れる軟らかい肉がトマト風味のソースと絡み合う極上の味。「マッシュ・ポテトとグリーン・ピースの付け合わせと口に運んで食べてください」とハリーさん。

付け合わせのマッシュ・ポテトもクリーミーな
ラム・シャンクの煮込み~南フランス風($22)
glasgowarmshotel1408-2.jpg

 ムール貝のエストラゴンとトマトのワイン蒸し($18)は、大振りのムール貝が熱々プリプリで白ワインが欲しくなる美味しさ。ムール貝のダシが効いたスープも最高なので、ガーリック・トーストを浸けて食べるのをお忘れなく。

大振りのムール貝のプリプリさ加減に感動の
ムール貝のエストラゴンとトマトのワイン蒸し($18)
glasgowarmshotel1408-4.jpg

 フレンチの王道、鴨肉のオレンジ・ソース煮「カナールア・ロランジュ」($26)は、鴨のジューシーさと軟らかさ、オレンジのほんのり甘い上品なソースがたまらない一品。

しっとりとしたジューシーな肉質を引き立てるオレンジ・ソースが
絶品のカナール・ア・ロランジュ(鴨のオレンジ・ソース煮$26)
glasgowarmshotel1408-3.jpg

 シェフの気まぐれで仕入れたという、今が旬の南洋マグロの鉄火丼(ねぎま汁付きで採算度外視の小$14、大$26)は、ポート・リンカーン産の畜養マグロを半身ごと仕入れ、そのほとんどがトロといいます。霜降りの身がたっぷり載っていて、まさしくとろける美味しさだし、マグロのダシがしっかり効いたねぎま汁も最高です。こちらは仕入れによるのでメニューにある日はラッキー!

女性なら小でも十分な量の南洋マグロの鉄火丼
(ねぎま汁付きで小$14、大$26)
glasgowarmshotel1408-5.jpg

 

こちらが半身ごと仕入れるという南洋マグロのカマ!
glasgowarmshotel1408-5-2.jpg

「宣伝していないのにデザートだけ食べに来るお客さんもいます」というこちらも手作りデザート各種(各$9)も見逃せません。一番人気のヴェリースティッキーデイツ&イチジクのプディングは、メキシコ産のデイツとトルコ産乾燥イチジクを3日ほどマルサラ酒に漬け込んだものを、つなぎの粉はごく少なめで焼かれ、濃厚でしっとりした舌触り。チョコレートフォンダンはほろ苦く中がとろとろで、上質なヴァニラ・アイス・クリームとの相性抜群。そのほか、オレンジクレープオージーパヴロヴァなどそそるメニューが。コーヒーとともに食後も大満足のビストロ。日本風のアイスコーヒーにも感動した記者でした。

ヴェリー・スティッキー・デイツ&イチジクのプディング($9)
glasgowarmshotel1408-7.jpg

 

チョコレート・フォンダン($9)
glasgowarmshotel1408-6.jpg

glasgowarmshotel_icecoffee1408.jpg

感動の日本風アイス・コーヒー♪

 

 400gの特大ハンバーグ($17)、名古屋名物卵とじラーメン($15)、海老とポークの餃子($13)など、日本人に嬉しいメニューも相変わらず充実。また、裏メニューとしてはオムライス($17~)があります。チキンか海老のトマト・ライス、さらにきっちりトマト・ライスを包む形か半熟で中がトロトロのオムレツを上に載せるタイプか卵の焼き方も選べるオムライスは、ピーク時以外のみオーダーできます。グルメ・コラム担当記者は平日の遅めのランチ(2時ごろ)に行って作ってもらったことがあるそうです。本当に美味しいのでおすすめとのこと♪

Glasgow Arms Hotel

●527 Harris St., Ultimo ☎ (02)9211-2354 ■ランチ(無休)/月~金12pm-2:30pm、土日12:30pm-2:30pm、ディナー(無休)/月~木6pm-9pm、金土6pm-9:30pm、日6pm-8pm ◇酒類ライセンスあり www.glasgowarms.com.au

glasgowarmshotel1408-0.jpg