小野伸二選手の開幕舞台挨拶で盛り上がった第17回日本映画祭シドニー・シーズン

 第17回日本映画祭(ジャパン・ファウンデイション主催)のシドニー・シーズンが11月14日から24日までシティの大型映画館イヴェント・シネマズ・ジョージ・ストリートで開催され、期間中、多数の観客を動員しました。

本年度日本映画祭の文化大使を務めたプロ・サッカーの小野伸二選手
jff1312-2.JPG

 シドニー・シーズン開幕に際し14日、オープニング作品上映の前に招待客を集めたカクテル・パーティがアートハウス・ホテルで開かれました。

大勢の関係者が招待されたオープニング・パーティ
jff1312-5.JPG

 

在シドニー日本国総領事館の小林敏明主席領事
jff1312-1.JPG

 

日本映画祭主要スポンサーの1社である運送会社キューブ・イット!の
三辻孝明社長とジャネット夫人
jff1312-3.jpg

 

ジャパン・ファウンデイションの遠藤直所長と千恵子夫人
jff1312-4.JPG

 パーティの後、会場を映画館に移し、遠藤直ジャパンファウンデイション所長、本年度映画祭の文化大使を務めたオーストラリアAリーグのウエスタン・シドニー・ワンダラーズFC所属の小野伸二選手、ジャパン・ファウンデイションの許斐(このみ)雅文さんが舞台挨拶を行い、本年度オープニング作品「舟を編む」(石井裕也監督、松田龍平宮崎あおい主演)の上映がそれに続きました。

ジャパン・ファウンデイションの遠藤直所長から
贈り物を受け取る小野伸二選手

jff1312-6.JPG

 

舞台挨拶するジャパン・ファウンデイションの許斐雅文さん
jff1312-7.JPG

 シドニー・シーズン期間中はほかにも参加作品「くじけないで」の上映に当たって主演の大女優・八千草薫、同映画の深川栄洋監督が来豪舞台挨拶と上映後のQ&Aに応じたほか、「箱入り息子の恋」のアソシエイト・プロデューサーでオーストラリア人のケンアイザックスが同じく舞台挨拶に望みました。

jff1312-0.JPG