明治時代に活躍した初の白人落語家の生涯/英語本「快楽亭ブラック」出版

henry_black1309-1.jpg

 明治時代、日本初の外国人落語家兼歌舞伎俳優として活躍し、大変な人気を博した豪アデレード出身の英国人・快楽亭ブラック(本名:ヘンリー・ブラック/1858~1923)の生涯を、シドニー在住のジャーナリスト兼シドニー大学研究員のイアンマッカーサー氏が綴った英語の伝記本「Henry Black: On Stage in Meiji Japan」がこのたびモナシュ大学出版より出版されました。

 

Henry Black: On Stage in Meiji Japan” by Ian McArthur(Monash University Publishing)

 

 

 著者であるマッカーサー氏は、アジア(特に日本)を専門とする大学講師兼ジャーナリストであると同時にシドニー大学日本語学科の名誉研究員でもあり、09年にはオーストラリアにおける日本文学研究に貢献した研究者に贈られる「井上靖賞」を受賞。ヘラルド・アンド・ウィークリー・タイムズ社東京特派員、共同通信社海外部、ニュース社の編集部などで勤務。「ブラックの生涯を見れば、異なる文化の国に渡っても人間には素晴らしい柔軟性があるものだということを読者に理解してもらいたい」とマッカーサー氏。同書はペイパーバックで価格は$34.95。

henry_black1309-0.jpg