つけ麺も新登場♪:ブランシャル

 キングス・クロス駅から徒歩5分(噴水前広場からすぐ!)の位置にあるモダンフレンチレストランブランシャルが、なんと平日ランチ・タイムのみ、犬飼春信オーナー・シェフによる本格的なラーメンを提供し始めたのが今年6月。それから約3カ月、今回の取材で、「常に進化したラーメンを提供したい」という犬飼シェフの情熱を感じさせるラーメンに“再会”しました!

daikokudo_in1210.jpg

 新メニューのつけ麺($14)を食べてみて驚いたのが、奥深い味わいのスープの旨みと、透明感のあるツルツルでコシのある麺との絶妙な絡み合い。プルンとしたピリ辛キクラゲ、ファンが多いメンマ、煮卵、チャーシューなど、下の麺が隠れて見えないほど具が大盛りに載っていて、非常に満足度の高い一品です。

つけ麺($14)
daikokudo1210-1.jpg

 素材はメンマやキクラゲに至るまですべてが自家製。ファイン・ダイニングでは25年の調理経験がある犬飼シェフですが、「ラーメンは全くの素人でしたので、あれこれ苦労しました」と苦笑。特に、しょうゆを十何種類も買ってきてさまざまなブレンドを試みたり、麺も素材の配合などに気の遠くなるほど何度も試行錯誤を重ねたといいます。スープと合わせる元ダレも1カ月寝かせて作る本格派。塩ラーメンの元ダレは4種類の天然の塩をブレンドし7種類の魚介が入っています。そして香味野菜を一気に煮立てることから白濁の状態となるのが特徴の白湯パイタンスープの調理法は、「料理の鉄人の陳建一シェフ直伝。その白湯スープ、常に一定の味を保つための秘訣があり、きっちり計量した元ダレと合わせるから、味にブレがない美味しいラーメンをいつでも提供できるという仕組み。

同店の自家製麺
daikokudo_men1210.jpg

 一方の麺は、オーストラリア産の粉のキメの荒さを克服し、保存料や着色料を一切使用せず、自家製の製造でなめらかさを出すためにさまざまな工夫を重ね完成させました。その美味しさから替え玉($3)がすこぶる人気。 キクラゲ、単品でオーダーの多いメンマ($1.50)、煮卵などの具にも厳選された素材を使っています。MSGなど化学調味料は一切入っていないから、食品添加物にアレルギーを持つ子供にも安心して食べさせることができるため家族連れにも評判。しかも店内はブランシャルの落ち着いた雰囲気だから、子連れでもゆったりできるとママ友ランチ利用も人気急上昇中

 具だくさん白湯しょうゆラーメン黒香油添え($13)では、黒香油がまた美味しさを引き立てています。

具だくさん白湯しょうゆラーメン黒香油添え($13)
daikokudo1210-2.jpg

 新メニューの白湯特選塩チリ香油ラーメン($11)は、あっさり白湯と塩のまろやかさ、そして強すぎないチリが最高の美味しさ。

白湯特選塩チリ香油ラーメン($11)
daikokudo1210-3.jpg

 こちらも新メニューの東京しょうゆラーメン($10)も、あっさりと旨みが生きた昔ながらのしょうゆラーメンの味。

東京しょうゆラーメン($10、具だくさん$13)
daikokudo1210-4.jpg

 ラーメンと一緒のオーダーが多い炙りチャーシューご飯($5)は、香りがたまらない炙りチャーシューと山盛りのネギ、さらにご飯の中にも刻んだチャーシューとキャペツが入っています。器のサイズは丼ではなくご飯茶碗ですが、「豪快にこぼしながら食べてください」という大盛りご飯で、ご飯の炊き加減ももちろんバッチリ!

炙りチャーシューご飯($5)
daikokudo1210-5.jpg

 シドニーモーニングヘラルドグッドフードガイド(The Sydney Morning Herald Good Food Guide)1ハット受賞の経歴を誇る犬飼シェフの店で食べられるクォリティの高いラーメンは、世界規模で考えても極めて珍しい存在だといえるでしょう。

Blancharu

●Shop 1, 21 Elizabeth Bay Rd., Elizabeth Bay ☎ (02)9360-3555 ■ランチ12PM~2PM(月~木ラーメンのみ/金土フレンチのみ)、ディナー(月~土フレンチのみ)6PM~10PM ◇酒類ライセンスあり www.blancharu.com.au

daikokudo1210-0.jpg