この肉(高品質)&この料金(低価格)はあり得ない組み合わせ!:にく蔵

予約時に「ジャパラリアを見た」で
ロースとカルビ半額!($9.90→$4.95)
(※火・水限定/7PMまでの入店/2012年9月いっぱいまで)

 イースタンサバーブ初ともいえる本格的な完全日本風の焼肉店として数カ月前にボンダイ・ジャンクションにオープンしたばかりの「にく蔵」(ボンダイ・ジャンクション駅から徒歩2分)。日本人オーナーシェフが長年の有名焼き肉店での経験を生かし自信を持って提供する高品質の肉の美味しさから、早くも大勢の日本人常連ファンをつかみ人気急上昇中のレストランです。

nikuzo1209-1.jpg  店内は高い天井に木目の温かみあるテイブルに素朴な鉄製の椅子、そして卓上吸煙器のパイプが各テイブル真上から天井まで伸び、アーバンな雰囲気。スタッフもギャルソン風で、キャップを被り、“293(ニクゾー)”のバッジをキャップや黒いTシャツに着けているのもお洒落。

nikuzo1209-2.jpg

nikuzo1209-3.jpg

 ですがなんといっても最大の特筆事項は前述の通り取り扱う肉の素晴らしさに尽きます。取材時にメニューの主なライン・アップはほとんど試食(といいつつほとんど完食)させてもらったのですが、いずれも驚くほど美味しいです! しかも、料金はこちらも目を疑うほどリーズナブルで、この美味しさでこの料金ははっきりいって他店ではあり得ないほどのヴァリューです。

 焼き肉の美味しさを左右する炭は日本の備長炭のクォリティと変わらないオーストラリア産を厳選して使用。タレがまた肉の美味しさを存分に引き立てる最高の小道具の役割を果たし、自家製BBQソースとニンニクゴマダレの2点に加え、別に添えられる同店オリジナルの3点のタレ(ワサビじょうゆ、ネギ塩ダレ、自家製コチュジャン)で食べ比べるとさらにそれぞれ美味しさがアップ!

手前にある通常のタレ2種(自家製BBQソースとニンニクゴマダレ)の
ほかに出される同店オリジナルのタレ3点
(左からワサビじょうゆネギ塩ダレ自家製コチュジャン
nikuzo1209-4.jpg

 

前菜に、まずはパリパリ感とゴマ油の風味が
食欲をそそるサッパリとした一品の塩キャベツ($4.40)をぜひ!
nikuzo1209-5.jpg

 

肉の甘みがたまらない和牛ユッケ($8.90)
nikuzo1209-6.jpg

 

ピリ辛ソースと絡めて噛み心地を楽しみたいハチノス刺($8.90)
nikuzo1209-7.jpg

 

真ん中に味付けネギが載っていて、好みでネギ塩でも
食べられるのが嬉しい牛タン($9.90)
nikuzo1209-8.jpg

 

焼きます!
nikuzo1209-9.jpg

 

いい感じです~!
nikuzo1209-10.jpg

 

口の中でトロける最高の上ハラミ($12.90)
nikuzo1209-11.jpg

 

肉厚ジューシーな上カルビ($12.90)
nikuzo1209-12.jpg

 

ロース派の記者太鼓判の美味しさの牛ロース上($12.90)
nikuzo1209-13.jpg

 

牛だけでなく豚バラ($8.90)もぜひいきたいですね♪
nikuzo1209-14.jpg

 内蔵系も、一押しの牛ギアラなど珍しい部位も取り扱うなど充実していて、豚ホルモンもおすすめ。

牛ホルモン($8.90)、豚ホルモン($8.90)、
牛ギアラ($8.90)、牛ミノ($8.90)
nikuzo1209-15.jpg

 そのほか、焼き野菜シーフード石焼きビビンバクッパなどのごはんものやスープデザートたい焼きアイスサンドウィッチなど)も充実していてエキサイティング。

 ア・ラ・カルトのほか食べ放題もあってメニューは3種類、50品以上のスタンダード(大人$29.80、子供$12.80)、60品以上の和牛&シーフード(大人$39.80、子供$17.80)、そして70品以上のプレミアム(大人$49.80、子供$22.80)。9月いっぱいまで、予約の際に「ジャパラリアを見た」と伝えると、なんとカルビとロース(各$9.90)がどちらも半額の$4.95で数量無制限にオーダーできるキャンペーンを実施中!(火・水限定/7PMまでの入店) もともとお得な同店がさらにリーズナブルに利用できる今のうちに、ぜひ一度足を運んでみて!

Nikuzo Japanese BBQ

●Shop 3 & 11, 1 Newland St., Bondi Junction ☎(02)9369-3328 ■ランチ(火~金)12PM~2:30PM、ディナー(火~日)5:30PM~10:30PM ◇BYO

nikuzo1209-0.jpg