「神坂雪佳展」日本語特別ツアー開催!:NSW州立美術館

※「神坂雪佳展」日本語特別ツアーの詳細はこのブログ記事の最後に掲載

一瞬たりともブレない究極の美意識
特別展「神坂雪佳現代日本デザインの夜明け
(8/26まで開催中)

sekka_1207-1.jpg

sekka1207-2.jpg

 明治から昭和にかけて活躍した京都出身の画家・図案家である神坂雪佳(1866~1942)の残した絵画陶磁器漆器染織テキスタイル)・木版素描など100点以上を、神坂作品多数を所蔵することで名高い京都の細見美術館などから一堂に借り受けた日本国外初の大規模な特別展「神坂雪佳現代日本デザインの夜明け」が8月26日(日)まで、NSW州立美術館で開催中です。

 

※左に掲載の画像:掛け軸「秋のかえでと白菊」(1920~25年作/114.6✕36.2cm/京都 細見美術館蔵)

 

 幕末(慶応2年)の京都で武家の長男として産声を上げた神坂雪佳は、明治・大正・昭和という日本が劇的変化を遂げた時代を生きました。10代のころから四条派の日本画家・鈴木瑞彦に指事して絵を学んでおり、35歳の時にはヨーロッパを視察旅行で訪れています。

 今と違って海外旅行が一世一代の大イヴェントだった当時、日本人が海外で受けるカルチャー・ショックというのは計り知れないものがあったはずでしょうが、神坂は日本の城郭の規模をはるかに凌ぐ圧倒的な欧州の建築物や、こちらも見上げるほど巨大な宗教画などに、目を奪われはしたでしょうが“ブレない美意識”を持っていました。折しも神坂が渡欧した1901年というのは欧州全土でジャポニズムがもてはやされていた時代でもあり、神坂は日本美術の素晴らしさを再認識して日本に帰国しました。

図案集「ちく佐」より
(1899~1900年作/23.6✕35.5cm/京都 芸艸堂<うんそうどう>所蔵)
sekka1207-3.jpg

 神坂は桃山時代後期に始まる“琳派(りんぱ)”という芸術様式に最も強い影響を受け、息をのむような劇的な構図やカラー・コントラストを巧みに操り、芸術の枠に留まらず商業デザイン性にも極めて優れた作品の数々を意欲的に生み出しました。紛れもなく現代日本の、美術界だけでなく日本が世界に誇る“デザイン業界”の基盤を作り上げた人物のひとりです。

図案集「十二ヶ月草花図画帖」より
(1920~1925年作/24.7✕31.7cm/京都 細見美術館蔵 )

sekka1207-4.jpg

 一般公開に先駆けて6月21日夜、同美術館で、細見美術館の細見良行館長来豪参加の下、多数の招待客を集めてのオープニング・パーティが開催されました。

sekka1207-5.JPG

 

会場では小田村さつき箏アンサンブルのメンバーによる箏の生演奏が
sekka1207-6.JPG

 

ファッション・デザイナー、五十川明さん
(※後述しますが、五十川さんの作品も本展覧会において展示されています)
sekka1207-7.JPG

 

ジャパラリアのグルメ・コラム「オージー・レシピ」担当のネヴィちゃんと、
この夜のパーティ会場の装花すべてを手がけたフラワー・デザイナー
柳沢勢津子さん(優雅フローラル・デザイン by 勢津子主宰)
sekka1207-8.JPG

 本展では地階に展示された神坂雪佳の作品群に加え、別に上階には琳派のほかの画家たちの作品さらに琳派の流れを汲む現代アーティストたちの作品も集め(※五十川明さんの作品を含む)、期間中、中2日間(7月23日と24日)クローズして展示作品のうち、絵画と漆器、計25点を入れ替えるという異例の前期と後期に分けた構成で展示されます。全くの余談ではありますが写真に残る神坂雪佳は、なかなかの男前でもありました。

1977年生まれの女性アーティスト、山口藍のユニークな“組立式壁画”
「はなすことはこのやまほど」(2008年作/ミクスト・メディア/221✕236cm/
© ai yamaguchi・ninyu works Courtesy Robert & Tilton Gallery, Los Angeles)
sekka1207-9.jpg

Kamisaka Sekka: Dawn of modern Japanese design – info

●会場:NSW州立美術館(Art Gallery of New South Wales, Art Gallery Rd., The Domain)●期間:前期6月22日(金)~7月22日(日)、後期7月25日(水)~8月26日(日)●開館時間:10AM~5PM(水は9PMまで/休館日なし)●料金:大人$10、メンバー$7、コンセッション$8、ファミリー(大人2人、子供3人まで)$28 ☎ 1800-679-278  www.artgallery.nsw.gov.au

 

神坂雪佳展日本語特別ツアー開催!
(*第1回:7/3 *第2回:7/31 *第3回:8/15)

sekka1207-10.JPG

 NSW州立美術館ではヴォランティア・ベイスにより各国言語での館内ツアーを常時実施していますが、本展の開催に当たり、モーニング・ティー付きの日本語による本展の解説ツアーを開催します。

 参加希望者は「神坂雪佳ツアー申し込み」という件名(日本語可)で、①氏名、②参加人数、③参加日、④ツアー言語(日本語または英語)を明記の上、下記のE-mailアドレスまで送信を(日本語可)。電話での申し込みも可能(英語のみ)。

神坂雪佳展日本語特別ツアー – info

●集合場所:同美術館地下3階イリバナ・フォイヤー(Yiribana Foyer Lower Level 1)●日程:第1回(前期)7月3日(火)、第2回(後期)7月31日、第3回(後期)8月15日(水) ●時間:10AM~12PM ●料金:$12(モーニング・ティー込み)●ツアー申込先:E-mail: CommunityAmbassadors@ag.nsw.gov.au(日本語可) ☎ (02)9225-1878(英語のみ)

sekka1207-0.jpg