セレブ御用達の本格寿司バー「スシ・イー」

 エスタブリッシュメント4階。つい数週間前にはシドニーで映画を撮影中だったレオナルド・ディカプリオも食べに来るなどセレブたちやエグゼクティヴに大人気のおしゃれな寿司カウンターを擁す日本食レストラン、スシ・イー(Sushi E)があります。

sushie1201-1.jpg

 夜ともなればまるで「SATC」に出てきそうな極上の雰囲気に包まれ、華やかな顔ぶれのオージーたちが、いかにも慣れたふうに寿司をつまみます。

sushie1201-2.jpg

sushie1201-3.jpg

 とはいえ、単に流行に迎合した店ではなく、在住歴の長い日本人の間でもその腕前を非常に高く評価されている総料理長浦伸之さんを筆頭に、経験豊富な寿司シェフたちによる一流の味が楽しめる店で、シドニー・モーニング・ヘラルド・グッド・フード・ガイドにおける数度のハット受賞歴があるのはもちろん、レストラン&ケイタリング賞において栄光ある2011年度全豪最優秀アジア・レストラン賞、同NSW州最優秀日本食レストラン賞ダブル受賞に輝いたばかり(※左に掲載の写真)。


 

 

sushie1201-4.jpg

日中の取材でしたが一杯ぐらいなら(笑)ということで、アサヒ($11)です♪


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

sushie1201-5.jpg

 撮影担当の記者はミネラル・ウォーターで。でもこれ、サン・ペレグリノブルガリのコラボ商品です!

 大理石のカウンター席で浦さんたち寿司シェフの目の前に座ると、あでやかで繊細な寿司を握り、刺身をさばく様を目の当たりにできて、その手つきにうっとりしてしまいます。魔術師のように次々と美味しそうな寿司が出来上がっていくのを眺めるのは、食べるのと同様に楽しい行為だということを再発見できます。オージー客にはどうしても握りより巻き物のオーダーが多いようですが、「日本食の基礎がしっかりとあるからこそ、フュージョンなどの味付けもぶれない」と浦さん。

 そんな浦さんの銀ダラの西京焼き($34)は絶品で、それを目当てにくる日本人客は非常に多いそうです。取材当日は銀ダラに負けない和の味キンメダイの幽庵焼き(時価)をいただきました。軟らかな油の載ったキンメダイは、箸でトロリと取り分けられ、口に運ぶと広がるほんのりとした柚子風味がたまりません!

キンメダイの幽庵焼き(時価)
sushie1201-6.jpg


生牡蛎(手前の2個)と、ちょっぴりアジア風味で
生では味わえない美味しさの
蒸し牡蛎(各1個$4.50)
sushie1201-7.jpg

 刺身の盛り合わせは、当然のようにどのネタも最高に新鮮で見事な包丁さばきをその見た目からも納得できます。絶品のシマアジのポン酢がけ、甘味のあるあっさりのタイ、油の載ったヒラマサ、濃厚なオーシャン・トラウト、一流店の堂々とした美味しさのマグロサーモン

刺身盛り合わせ(ミディアム$38)
sushie1201-8.jpg


ブリップリの海老シュウマイ($17.50)が見るからに美味しそうなので、
甲殻類アレルギーの記者もつい1個だけしっかり堪能(笑)。
おかげさまでアレルギー反応も出ず、美味しかったです〜♪
sushie1201-9.jpg

sushie1201-10.jpg

 一杯ぐらいといいつつ、ちゃっかりNZマールボロー産のソーヴィニヨン・ブラン、クラウディ・ベイを(笑)(グラス$15)


 


 

 

 

 

 

 

 


タイのカルパッチョは白しょうゆとライムであっさりと
さわやかに($29.50、写真はハーフ・サイズ)
sushie1201-11.jpg


一番人気というスパイシー・スカロップ($23)は、
こちらもプリプリで新鮮な、舌の上でとろけるホタテ♪
sushie1201-12.jpg


やはりピリ辛のスキャンピーの味噌汁($16)は
丸ごとスキャンピーが入った贅沢な一品
sushie1201-13.jpg


炙りスキャンピーの握り(1貫$5)は「トビコのトッピングも効いていて、
なんともいえない甘みが口いっぱいに感じられます」と撮影担当記者。
甲殻類アレルギーの記者のためにはサーモン・ベリーの握り(1貫$7)を
出してくれました。とろけました、はい♪
sushie1201-14.jpg


取材班に特別に創ってくれた蒸したウニとシソの細巻きは、
蒸しウニの濃厚さとシソのさわやかさが最高でした♪
sushie1201-15.jpg

sushie1201-16.jpg

 こちらすべての利用客にサーヴィスで出されるミニ・デザートのロシアン・クリーム(パンナコッタに近い美味しさ)

 デザートもきっちり和テイストを盛り込み、白ゴマのクレーム・キャラメル($18)はいわゆる“クレーム・キャラメル”を想像すると嬉しい裏切りの食感のデザートで、きなこ味、黒蜜とハウス・メイドのきめの細かいヴァニラ・アイスが濃厚でたまらない一品

 

 

白ゴマのクレーム・キャラメル($18)
sushie1201-17.jpg

 味・雰囲気・サーヴィス…と総合的に大満足の“NY風日本食レストラン”で、日本からの客人を連れて行っても必ず唸るはず。

左から浦さんといずれも寿司シェフの亜希子さんとパーシさん
sushie1201-18.jpg

Sushi E

●Level 4, Establishment, 252 George St., Sydney ☎ (02)9249-3000 ■ランチ/月~金12PM~2PM(ラスト・オーダー)、ディナー/月~木6PM~10PM(ラスト・オーダー)、金土6PM~10:30PM(ラスト・オーダー) 日祝休 ◇酒類ライセンスあり www.merivale.com.au/sushie

sushie1201-0.jpg