知られざるヴィヴァルディの”カヴァー・ヴァージョン”

オーストラリアン・ブランデンブルク・オーケストラ
定期演奏会天上のヴィヴァルディ開催
(シドニー&メルボルン)

 オーストラリアン・ブランデンブルク・オーケストラ(Australian Brandenburg Orchestra)が2011年春の定期演奏会を9月初旬、シドニーとメルボルンで開催します。

paul_dyer1109-1.jpg

※写真は同楽団の芸術監督兼今回の演奏会の指揮を務めるポール・ダイヤー(Paul Dyer)


天上のヴィヴァルディ(Celestial Vivaldi)」と題した今回のコンサートは、春の定期演奏会にふさわしく、アントニオ・ヴィヴァルディ(1678〜1741)の死から25年ほど後にフランスの作曲家ミシェル・コレット(1707〜1795)がヴィヴァルディ作曲「四季(The Four Seasons)」の「(Spring)」を合唱曲に書き換えた主をほめ讃えよ(Laudate Dominum)」が演奏プログラムに含まれています。コレット自身の作曲家としての評価は決して高くはありませんが、だからといって不遇だったわけでもなく、フランス革命以前は国王ルイ16世の甥に当たるアングレーム公爵のオルガニストを務めたことでも知られています。

 ほか、こちらはヴィヴァルディ自身による合唱曲「主は言われた(Dixit Dominus)RV 595」、ジャン=フェリ・ルベル(1666〜1747)「四大元素(Les Eléments)」、エヴァリスト・ダッラーバコ(1675〜1742)「複数楽器のための協奏曲集Op.6・第5番ト長調(Concerti à più Istrumenti in G major, Op.6 No.5)」の全4曲が演奏されます。合唱は、シドニー公演ではブランデンブルク合唱団(Brandenburg Choir)が、メルボルン公演ではメルボルン大学トリニティ・カレッジ合唱団(The Choir of Trinity College, University of Melbourne)とメルボルン・グラマー・スクール・チャペル合唱団(Melbourne Grammar School Chapel Choir)がそれぞれ美声を披露してくれます。

Australian Brandenburg Orchestra: Celestial Vivaldi – info

REBEL  Les Elémens
CORRETTE  Laudate Dominum, motet à grand choeur 

DALL’ABACO  Concerti à più Istrumenti in G major, Op.6 No.5
VIVALDI  Dixit Dominus RV 595

*シドニー公演…●会場:シティ・リサイタル・ホール・エンジェル・プレイス(City Recital Hall Angel Place)●日程:9月2日(金)、3日(土)、7日(水)、9日(金)、10日(土)●開演:全日程7PMのほか、9月10日のみ2PMのマチネ公演もあり ●料金:大人/プレミアム席$140、A席$116、B席$96、C席$60、コンセッション(年金受給者/失業者/学生)/A席(A席はマチネのみ割引券あり)$70、B席$58、C席$36、コンセッション(30歳未満)/A席$45、B席$35、C席$25 シニア・カード保持者(マチネのみ割引券あり)/A席$104、B席$96、●予約:*シティ・リサイタル・ホール・ボックス・オフィス(City Recital Hall Box Office)☎ (02)8256-2222 www.cityrecitalhall.com *ブランデンブルク・ボックス・オフィス(Brandenburg Box Office)☎ (02)9328-7581 www.brandenburg.com.au *チケットマスター(Ticketmaster)☎ 136-100 www.ticketmaster.com.au

*メルボルン公演…●会場:メルボルン・リサイタル・センター(Melbourne Recital Centre)●日程+開演:9月4日(日)5PM、5日(月)7PM ●料金:大人/プレミアム席$125、A席$109、B席$88、C席$55、コンセッション/B席$50、C席$40 ●予約:*メルボルン・リサイタル・センター(Melbourne Recital Centre)☎ (03)9699-3333 www.melbournerecital.com.au *チケットマスター(Ticketmaster)☎ 136-100 www.ticketmaster.com.au

paul_dyer1109-2.jpg