“モーツァルトの再来”来豪ゲスト参加!(SYD & MEL)

オーストラリアン・ブランデンブルク・オーケストラ
定期演奏会「モーツァルト・テンペスト」開催
 (シドニー&メルボルン)

 バロック音楽専門の楽団オーストラリアン・ブランデンブルク・オーケストラ(Australian Brandenburg Orchestra)が8月8日まで、シドニーとメルボルンで定期演奏会を開催中です。7月29日に行われたシドニーでのオープニング・ナイトの様子をリポートします!

kristian_bezuidenhout1108-1.jpg

※左の写真はクリスティアン・ベズイデンホウト

モーツァルト・テンペスト(Mozart Tempest)」と題した今回のコンサートには、弱冠31歳にして「モーツァルトの再来!」と世界各国で絶賛されている南アフリカ出身のクリスティアン・ベズイデンホウト(Kristian Bezuidenhout)をフォルテピアノ奏者に、カナダ出身のマルク・デストリュベ(Marc Destrubé)をゲスト・ディレクター兼バロック・ヴァイオリン奏者にそれぞれ招き、コンサート・タイトルにある通り、「交響曲第25番ト短調(Symphony No.25 in Gminor)K183」全楽章を筆頭に、「フォルテピアノのためのロンド(Rondo for Fortepiano)K382」、「救われたベトゥーリア(La Betulia Liberata)K118」から「序曲(Overture)」、そして「ピアノ協奏曲第22番(Piano Concert No.22)K482」まで、モーツァルト作品のみ4曲をたっぷりと堪能させてくれます。

marc_destrube1108.jpg

※右の写真はマルク・デストリュベ

 ほぼ満席のギッシリと埋まった観客席にニュー・サウス・ウェールズ州首相バリー・オファレルや、中国系セレブ・シェフとして人気のカイリー・クォンなどの顔ぶれも見られたシドニーでのオープニング・ナイトは、ゲスト・ディレクターを招いていることもあって、同楽団の団長で通常ディレクター(指揮者兼奏者)を務めるポール・ダイヤーが開演の前にいつものように舞台に出て挨拶しましたが、いつもの白いシャツに黒いパンツの“舞台衣装”ではなくカーキ色の麻のジャケットをラフに羽織ったカジュアルな出で立ちで、「今夜は私は客席からゆっくり楽しませてもらいます」とニッコリ。

 1984年の映画「アマデウス」のオープニングに使用されたことからモーツァルト作品の中でも特に高い人気と知名度を誇るに至った「交響曲第25番ト短調」で始まった今回のコンサート、モーツァルト・ファンにはたまらないプログラムでしょう。本人もバロック・ヴァイオリンを演奏しながらのマルク・デストリュベの名ディレクターぶりもさることながら、クリスティアン・ベズイデンホウトのフォルテピアノは、確かに「モーツァルトの再来」という例えが決して大げさなものではないことを納得させる素晴らしさでした。クラヴサン(ハープシコード/チェンバロ)同様、ペダルがないため音の強弱を調整できないフォルテピアノは、だからこそモーツァルト作品の本当の意味での良さを改めて堪能させてくれます。

kristian_bezuidenhout1108-2.jpg

※左の写真はクリスティアン・ベズイデンホウト

 ベズイデンホウトは前述の通り南アフリカ出身ですが、少年時代をオーストラリアのクイーンズランド州で過ごしたことがあり(※資料にはブリスベンとありましたがポール・ダイヤーの舞台挨拶ではゴールド・コーストと紹介されました)、モーツァルトの音楽に夢中になったのもQLD州に住んでいた9歳の時だったといいます。17歳の時にジュリアード音楽院などと並ぶ米国の名門イーストマン音楽学校に留学。11年間にわたる米国生活の後、現在はロンドンを拠点に世界各国で精力的に演奏活動を行っています。写真からも分かる通り、古い表現ですが“貴公子”系のルックスの持ち主でもあり、「のだめ」でジリ・ヴァンソンが演じたキャラをどことなく思い起こさせます(余談ですがジリ・ヴァンソンといえば、「月刊ジャパラリア」の連載エッセイ「いろはにポケット」とジャパラリア公式サイト上のコンテンツにある小説「チョコレート・オア・ベジマイト」<※タイトルをクリックするとジャンプできます>の作者・青山美智子さんが原作を手がけた映画「街灯りの向こうに」にも出演しています!)。

 とにもかくにもモーツァルト・ファン必見のコンサートです!

Australian Brandenburg Orchestra: Mozart Tempest – info

*シドニー公演…●会場:シティ・リサイタル・ホール・エンジェル・プレイス(City Recital Hall Angel Place)●日程:7月30日(土)、8月3日(水)、5日(金)、6日(土)●開演:全日程7PMのほか、7月30日のみ2PMのマチネ公演もあり ●料金:大人/プレミアム席$140、A席$116、B席$96、C席$60、コンセッション(年金受給者/失業者/学生)/A席(A席はマチネのみ割引券あり)$70、B席$58、C席$36、コンセッション(30歳未満)/A席$45、B席$35、C席$25 シニア・カード保持者(マチネのみ割引券あり)/A席$104、B席$96、●予約:*シティ・リサイタル・ホール・ボックス・オフィス(City Recital Hall Box Office)☎ (02)8256-2222 www.cityrecitalhall.com *ブランデンブルク・ボックス・オフィス(Brandenburg Box Office)☎ (02)9328-7581 www.brandenburg.com.au *チケットマスター(Ticketmaster)☎ 136-100 www.ticketmaster.com.au

*メルボルン公演…●会場:メルボルン・リサイタル・センター(Melbourne Recital Centre)●日程+開演:8月7日(日)5PM、8日(月)7PM ●料金:大人/プレミアム席$125、A席$109、B席$88、C席$55、コンセッション/B席$50、C席$40 ●予約:*メルボルン・リサイタル・センター(Melbourne Recital Centre)☎ (03)9699-3333 www.melbournerecital.com.au *チケットマスター(Ticketmaster)☎ 136-100 www.ticketmaster.com.au

kristian_bezuidenhout1108-3.jpg