シドニーでは珍しい柳川鍋もあり! 金太郎

「月刊ジャパラリア」6月号のニュートラル・ベイ特集でご紹介の日本食レストラン、金太郎に、特集担当記者の取材に便乗してお邪魔し、一緒に美味しいものたくさん食べさせてもらいましたので、特集担当記者に「食い逃げ」と呼ばれないためにも、せめてブログでご紹介(笑)。

ミリタリー・ロードからヤング・ストリートに入って
ほんの数十メートル歩いた左手
kintaro1106-1.jpg

 

木のテイブルと椅子の、温かみのある店内
kintaro1106-2.jpg

 金太郎は05年から現オーナー・シェフの薩摩さんが営んでいます。ちなみに関西出身の薩摩さんのギャグ・センスが記者のツボに的中で、普段は上沼恵美子以外、関西のお笑いが実はよく分かっていない記者ですが(記者にとってのお笑いの王道はとんねるずです)、薩摩さんには笑わせられっぱなしで、初対面なのに「吉本に入ろうと思ったことないですか?」なんて質問をしちゃったほどです。

カリッと揚がったチューリップ型の鶏唐揚げは下味もバッチリでした♪
(写真は記者用に出してくれたもので実際のサーヴとは異なります)
kintaro1106-3.jpg


サクサクの海老天(実際のサーヴは3尾$10.50)
kintaro1106-4.jpg

 小さな子供がいる家族に嬉しいキッズ・メニューは、アヴォカド握り(2貫$4.50)、チューリップ型の鶏唐揚げ($8)、雑炊($8)、照り焼きチキン細巻き($5)とこちらも充実。その中から、半うどんと細巻きのセット($9)を紹介してくれました。細巻きは女の子が喜びそうなピンク色の湯葉風シートのアヴォカド巻き。海苔に比べて優しい味なので、中のアヴォカドの味が際立ちます。この細巻きは大人も単品でオーダー可能♪($6)

キッズ・メニューより半うどんと細巻きのセット($9)
kintaro1106-5.jpg

 1貫からオーダーできる握り寿司やオージーに人気のロール寿司などの寿司、刺身、それに天ぷらの種類がかなり豊富。今の季節に嬉しい鍋モノも、湯豆腐($12.50)、鶏鍋($14.50)、海鮮鍋($15.50)、すき焼き($19、生卵はプラス$0.50)などよりどりみどりで(※すき焼きのみ最初からうどんが入っていますが、ほかはうどんを希望する場合プラス$1)、同じ鍋でも変わったところでは柳川鍋(それも各種!)などのお酒好きにおすすめのメニューも。お酒好きといえばおひたし($6.50)やゴマ和え($6.50)、牛タタキ($12.50)、揚げ出し豆腐($8.50)、茄子田楽($9.50)といった一品料理ももちろんあり。

 そして、前述の、シドニーでも滅多に食べられない柳川鍋! とんかつ柳川($16.50)は軟らかいフィレ肉を使ったとんかつがゴロンと5切れも入り、豆腐とともに熱々のままふわふわの卵とじでいただけます。鮭とホウレンソウの柳川($17.50)、鰻の柳川($18.50)も試したいメニューです。

とんかつ柳川($16.50)
kintaro1106-6.jpg


すっごく軟らかいお肉でした♪
kintaro1106-7.jpg

 天然カツオダシのすき焼きは、味が染みた豆腐と野菜、たっぷりの牛、そしてしこしこのうどんも入っているのが嬉しいですね。下に掲載の写真で一人前サイズとのことですがかなりのヴォリュームなので、何人かで行ってほかに何品か頼んでシェアしても。

今年最初のすき焼きでした♪($19、生卵はプラス$0.50)
kintaro1106-8.jpg

 

味がジュワ〜ンと染みたお肉♪
kintaro1106-9.jpg

 ちなみに天然カツオダシはうどんなどすべての汁物はもちろん、柳川鍋、さらには照り焼きソースや田楽味噌にも使用されていて、子供歓迎なだけでなく、子供にも安心して食べてもらえるようにという同店のポリシーがうかがえます。

 日本酒6種類に日本のビールもサッポロ生、アサヒスーパードライ、キリン恵みが飲めますよ。

Kintaro

●Shop 1, 24 Young St., Neutral Bay ☎(02) 9904-5188 ■ディナー(火~日)5:30PM~10:30PM 月休 ◇酒類ライセンスあり


kintaro1106-10.jpg