ジャパラリア・ブログ

スピ系の人もそうでない人も注目!「タロー・デ・パリ」創始者フィリップ・トーマス氏来豪(4/15)

 古くからヨーロッパに伝わる占い法のひとつタロットの新解釈として2002年に初版された「タローパリ」(tarotdeparis.com)の創始者である米国人フィリップ・トーマス氏が美香夫人とともに4月に来豪、イースター・ホリデイ中の4月15日(土)、シティのほんだらけ フル・オブ・ブックスにてトーク・イヴェント「人生のチョイス&チェンジ」を開催します。

フィリップ・トーマス氏と美香夫人
tdp1704-1.JPG

 タロー・デ・パリはトーマス氏がフランス・パリを旅した際にインスパイアされたパリのさまざまな名所やパリの至るところに立つ有名な銅像・建造物などがカードの図柄に盛り込まれており、それまで「このカードが出ると不吉」とされていた何枚かのカードも現代風に置き換え、極力肯定的に解釈されているのが特徴で、解説本とカードのセットが日米で出版されています(英語版と日本語翻訳版)。ジャパラリア誌上占いコラム担当のリリーマヤさんもそのポジティヴな解釈に引かれ、タロー・デ・パリの講座を受講・修了したタロー・デ・パリ公認のタロット・リーダーです。

tarot1704.jpg

従来の通常版に加え、昨年出版されたトランプ・サイズのカードと解説本も当日購入可能(カードのみ$40、解説本のみ$30、ボックス・セット$70)

 

 トーク・イヴェントでは、タロー・デ・パリのシステムで一番の核となる「アルカナ・ホイール」という22年周期の人生の流れについてトーマス氏が話してくれるほか、当日の参加者の中から抽選で、その場で公開リーディングも行ってくれます(参加者全員の前でなので、希望しない人は当日その旨を伝えて)。「今、自分がどんな旅路を歩んでいるのかを確認しにいらしてください! そして、そこから自分がどのような選択・変化を生み出していけるのかのヒントとしてぜひ生かしていただきたいと思います」とトーマス氏。

 トーマス夫妻は結婚前、それぞれ別の時期にシドニーで暮らしたことがありますが、タロー・デ・パリ創設以来、オーストラリアではこれが初のイヴェントとなります。スピ系の人はもちろん、そうでない人にも見逃せない機会といえるでしょう。参加申込(要予約)、問い合わせは下記のほんだらけまで。

PhilipThomasTarot de ParisTalk Event - info

●会場:ほんだらけ フル・オブ・ブックス(Hondarake Full of Books, Level 2, 39 Liverpool St., Sydney)●日時:4月15日(土)2pm-4pm(終了後、希望者のみ対象に本の販売とサイン会)●参加費:$22(本の購入を希望する場合は別料金) ☎ (02)9261-5225 hondarake@gmail.com

↓ クリックで拡大表示!
Kagajo'17-04.jpg

【オーストラリア情報・にほんブログ村】